プロフィール

タイタニアレイン

Author:タイタニアレイン
こんにちは。天草ハウジングで輸入住宅を建築中です。建築日記と同時に昔住んだアメリカでの暮らしの思い出、日々のたわいない出来事もつらつら書いていきたいと思います。


FC2カウンター


よかったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
先週はずっと全館空調の配管電気配線の作業、そして外壁のシートを貼る仕事をしていただいていました。

今日監督Eさんからメールをいただきました。配管と配線、終わったそうです。早いですね~

全館空調と電気配線


来週には大工さんが戻って作業を始めてくれるそうです。

週末、家とは全く関係ないことですごーくショックなことがありましてしばらく立ち直れない状態でした。次回これについてちょっと書きますね。

・・・・といっても深刻なはなし、というよりは私以外の人にはそれほどオオゴトでないことです。笑って聞いてください。
スポンサーサイト

電信柱移設?!!

何のことやら???と思われたことと存じます。

上棟打ち合わせの時に監督Eさんから言われたことから始まりました。

我が家は何度か申し上げている通り敷地延長の奥まったところに建築しています。で、その通路部分場所を提供して電柱が1本立っています。

通路の両脇は商店が建っていますがそのお店と住宅部分の電気もその電柱から取っています。

その電柱がなくなると通路もスッキリするのですが、建築中の我が家を含めこの電柱がないと電気を取ることが出来ませんのでそれについて文句は言えません。
何故、うちの敷地に?と問いたくなりますが、長い間駐車場の出入りの通路だったところですから仕方がありません。地主である親に文句を言っても親も相続するずっと前から電柱があったのでどうしようもないのです。

ですが、今回移設??という話が出たのはこういうことなのです。

電柱から建築中の家に電線を引くときにまず外付けの箱をつけるのですが今のままですと電柱と箱を結ぶ電線が隣の敷地を通ってしまうのです。これは絶対にいけません。

それでそうならないようにしようと思うと箱を移動するしかないのですが隣の家に迷惑をかけないようにすると家正面、しかも娘の部屋の前の窓の目の前を電線が横切る・・ということになり、それは美観上あまりやりたくない方法なのです。

それならいっそ電柱を動かしちゃうのがいい・・ということなのですが電柱なんてそんな簡単に動かせるのかどうかも分かりません。

Eさんの宿題にしていただきました。

電柱を地中に埋める・・という方法もありますがこれは、すごく費用がかかるらしくちょっと無理そうです。

そして本日Eさんから電話がありました。どうやら無料で電柱が移設が出来るそうなのです。中途半端な通路の途中でなく、通路と敷地の境目に近い辺り、門柱の近くあたりまで奥にもってくる・・ということにより、箱も元々の家の西側に付けられますし、通路もスッキリします。

これでとりあえずうまく行きそうです。家作りはいろいろなことがあって一筋縄ではいきませんね。
ベランダ物干し

上はもともと我が家が二階のベランダに取り付ける予定だった物干しです。

ところが先日監督のEさんからこれを変更してもらえないかという提案がありました。

何故かと言うとこの物干しは外壁のガルバリウムに直接つけることになり、そうなると金属のサイディングなのでこれに負担を与えてしまうから・・・ということなのです。(と理解しました。)

確かに以前ベランダに花台をつけようと思ったとき、そして1階のテラスにオーニングを付けたいといったとき、どちらも同じような理由で却下されてしまったことがありました。

金属サイディング・・・迷って悩んで、予算との兼ね合い、メンテナンス・・色々なことを考えてようやく見つけた外壁です。これ以上のものは私たちの今考えうるベストの選択だったと思うのですが

意外に不自由な部分もあるんですね。

結局下の写真の物干しになるのだと思います。ちょっと高さが低いので主人が外に出るときに頭をぶつけそうなところが心配ですが、軒下に干す・・ということにこだわるとこの方法しかないのかもしれません。
ベランダの物干し


スタバカード
これ、知ってますか?スターバックスのプリペイドカードです。
主人は毎年ホワイトデーにはクッキーかキャンディをくれるのですが、今年これを知ってリクエストしちゃいました。

私の仕事場の近くにスターバックスがあって時々ここでコーヒーを飲みながら仕事のプランを練ったりするのが私の楽しみなのですがコーヒー好きの私は小さいカップだとすぐになくなっちゃうのでグランデ(大きなカップ)に入れて飲むんです。ですから結構コーヒー代はかかっちゃいます。

そんなこんなでこのカードをリクエストしました。「ちょっと入れてくれればいいよー」と言ったのに1万円も入れてくれたので嬉しくてラッキー♪♪♪しばらくはお財布を気にせずグランデを注文できます。

何かアクセサリーとかを買ってもらう・・というのも嬉しいですがこういうのってとても嬉しいものですね。

上棟打ち合わせ

週末は上棟打ち合わせがありました。

これは電気のスイッチ関係や壁補強が必要なところはどこか・・・そういったことを現場で確認する打ち合わせです。

現場に行くと玄関ドアが入っていました。しばらくはこんな状態だそうです。楽しみにしていたのですがこの状態だとちょっとピンと来ませんね。それでも触ってみると厚みがあって重みがあって木の感触がとても良い感じです。ああ・・・木製ドアなんだなあ・・と実感できて嬉しかったです。
 玄関ドア入る(名前消し)

全部取れたらこんな風になるはずです。楽しみはちょっと先ですね。
決定した玄関ドア


中ではすっかり電気のスイッチがはこの状態で取り付けられていました。

取り付けられたスイッチ箱


主人と監督のEさんと3人でひとつずつ図面を見ながらチェックしていきます。

実際に立体的になってみるとここにあるスイッチは別の場所のほうがいい・・・・とかそういうものもあってゆっくり時間をかけて話し合いました。ちょっと増えちゃいました~しょうがないですね。

同時進行でどこに壁の補強をするか・・・についても話しました。例えばリビングの壁なのは将来的に壁掛けテレビにする予定なので前もって補強を頼んでおきました。

最後に地鎮祭で預かって今まで家に飾ってあったこの札に施工主や施工会社の名前を書き込んで家の屋根裏に取り付けてもらうようにEさんにお渡ししました。

うつっている手は主人の手です。
お札に名前を書いて渡す



これで大体決まりました。あとはどんどん内装が進んでいくのを楽しみにするばかりです。

鋳物の門扉

我が家は商店街に面した敷地延長の通路の奥に建築中です。

通路は以前ブログで紹介したとおり両となりの商店が出入りに使っているので私たちの都合で塞いでしまうことが出来ないのです。

現段階では通路はそのままにその奥に門を作ろうと思っています。

通路とその先を区別するためにも門をどうするか・・・・・・今検討中です。外構業者にお願いするとなると家が出来上がったあとにやらなければならず、それは避けたい・・ということで天草さんに最低限の外構はやっていただくことにしました。

門扉は・・・・・・・・

輸入住宅ですから鋳物の門扉がいいかなあ。。。。。。。

というのが私たちとICのHさんと一致した意見でした。

で、カタログを見ると・・・・・・・

それこそ、ピンからキリまでなんですねー。

一枚5・6万円くらいのから90万円・・・なんていうのもあって、目が飛び出そう。。。。。。

でも、門に限らないのですが

いいものを見ちゃうとやっぱりいいんですよね。

高さを120センチにするか140センチにするかでも一気に値段が上がります。ではそれによって安全がどれだけアップするかというとそういうものでもなさそう。。ゴージャス度はUPですけどね。それにお値段がそれほどお高くなくても結構いいなあ・・・と思うものもあるのです。

カタログの豪華さに惑わされず、冷静に分不相応にならないように

センスの良い門を選びたいなあ・・・・・と思います。

いくらでもかけられるなら180センチの高さの電子のロックが付いていて、上の部分に槍型の棘とげがついた鋳物の門が良いんですが。。。。。。。。(爆)

お屋敷か?!!

まあ、たとえ泥棒さんが門の中に入って家に入ったとしても家を建てちゃった後のうちはお金なんてありませんよー。。。。。。。。ということなんですけどね。
そう思って狙わないで頂きたいです。


だんだん出来上がっていく我が家を訪れるにつれ私の中で大丈夫かなあ・・・と心配になったことがありました。

それは玄関のシュークローゼットとキッチン横のユーティリティースペースについてです。

どちらも収納のためのスペース、しかも結構小さいものをこまごまと収納する可能性があるところです。棚が必要になるのは必至です。ただ、出来上がってから何かホームセンターでぴったりサイズの棚を作って入れれば良いかな・・とお気楽に考えていました。

もちろん造作でお願いすることを全く考えなかったわけではありません。

ただ造作の棚は天草さんにいくつか作ることをお願いしましたが金額が結構高いので出来るだけはつけないで済まそうと考えていました。

見た感じはとてもいい感じの棚なのお客さんの目の触れる可能性があるところは造作をお願いしても、クローゼットやユーティリティーはそこまでいいものでなくてもいいかな・・・と思っていたのです。

もう予算的にもいっぱいいっぱいでしたし。。。。。。。。。。

ということで造作を頼んだのは

①書斎の書棚(主人の唯一のこだわり!)
②リネンクローゼット(細かい棚が必要だから)
③子供部屋の書棚(二人の部屋の間に出来た半間の空間を半分に割って奥行きの浅い棚にした)
④教室の1間のクローゼットの中の教材を入れるための棚(天井まで有効に使うため)

この4箇所でした。

さて、シュークローゼットとユーティリティーですが何度か見に行くうちに意外にそれらが狭いことが気になり始めました。特にシュークローゼットの狭さは・・・図面で見る以上です。こんな中に上手にたくさんの靴を入れる収納を入れることなんてできるのかしら・・・・・
ユーティリティーもそうです。入居してすぐいろいろなものを入れる必要が出てきそうな場所・・・・・。とにかく収納量を求められる場所なのに無駄のない棚なんて出来るのかしら・・・・・・。

行く度に心配の度合いがグングン上がっていきます。

ただもう予算を増やすわけには行きません。

色々悩んで考えて、

で、出した結論。

棚にかける金額を変えることなく造作を作る場所を変更したのです。

ではどこの棚をやめたのか・・・・?

それは教室のクローゼットの中に作るはずだった3つ分の棚をやめて1つ玄関に、そして二つはユーティリティーに・・ということにしたのです。

狭いところに棚を作るのは大変ですが教室のクローゼットは1間、高さも2M以上あります。奥行きも80cmくらいあるので入れようと思えば色々な既成の本棚を入れることも可能ですし、ホームセンターの手作りの棚もやろうと思えば中に入るのもそれほど大変でないのでやれるかなあ・・と思ったのです。

ということで先日の打ち合わせで

「こういうのってまだ可能ですか~?」

といいますと、

「ちょっとたしかめてみますね。」

といって奥に入って行き戻って来たときの言葉

「もう棚を発注しちゃったみたいです。でも今日なら何とか変更してもいいそうですー。」

ということでした。

なんだかお風呂もギリギリでしたし、本当に厄介な施工主ですねー。

申し訳ないと思いながら変更をお願いしました。ラッキーでした。

本当に色々迷いながら家は出来上がって行くんですね。

でもそれが楽しいなあ・・・って思うんです。


家とは関係ない話です。

昨日ソフトバンクから携帯電話の今月の請求書が来ました。

家族全員でだいたい毎月1万5千くらいです。先月息子が機種変更したので2万円弱くらいかなー。。。

と思って封を開けて見ました。

すると・・・・・・・・。

6万6千円。





ええーっ!!!!!!!!
ろくまんろくせんえん??????



あまりの金額に卒倒しそうになりました。

な・・何かの間違いでは??

だって、ありえない。。。。

明細を見てみました。

すると、

中学一年生の娘のところ、

パケット通信料  4万5千円

とあります。


なにーっ!!!!!!!!

いったいどういう使い方をしたら4万円以上の通信料になるの???

も・・・もしかしたら何か犯罪に巻き込まれちゃったのかしら・・・・・・


ドキドキして心臓がバクバクしてきました。


部屋にいる娘を呼んで

「あなた、携帯で何かママに言っていない使いかたをしていない?」

と言いますと

娘の顔色がサッと変わりました。



「あ・・・・・あの・・・・・・・ごめんさい・・・・・・・・。携帯小説・・・・・・・・。」



ああ・・・・・今話題になっている携帯小説。「恋空」とかそういうやつですね。


「でもそういうものを読むにはお金がかかる・・・って普通思わないの???」


「だって・・・無料ダウンロード・・・って書いてあったから、これなら金額がかからないと思って・・・・・。」







そうか・・・・・確かに娘も一応考えたんですね。でも・・・・


通信するには通信料ってものがかかるのよー!!!!

あまりのことに我を忘れて娘に怒鳴り散らしてしまった私。

娘はもう顔面蒼白で泣き崩れています。

「ごめんなさい・・・ごめんなさい・・・・・。」



まさかそんなに使うと思わないから自分の方はパケット使い放題にしていますが他の家族はそれを入れていなかったのです。

たとえ無料、と書いてあっても絶対許可なしに通信を使ってはいけないということ、きちんと教えていなかった親の責任も大きいと思いました。

あー反省!!!!

犯罪でなかったのでともかくホッとしました。



で・・・・パケット使い放題にしてあげたかって??

イエイエ!!!!読みたい小説は本で読みましょう。携帯はあくまで誰かと連絡を取るためのもの。
音楽はipodがありますし通信は極力使わないように!!!

子育てをすると色々ありますね。こういうことは親は目を光らせていなければいけないと反省しました。娘とも携帯の使い方を話すいい機会になりました。



それにしても電話代7万円弱は痛い出費でしたー!!!!可愛いい輸入照明1つ買えたぞ!・・・・イエイエ、そういう計算はしないようにしなくてはね。(涙。。。。。。。。。。。)

プチ残念

みなさんは間取り図って家が出来るまで合計何回くらい見ましたか?

こだわってこだわって直してはまた悩んで・・・・・そうやって作ってきた間取り図です。

私は本当に穴が開いちゃうんじゃないかと思うくらい何度も見てきました。

ですからもうこれ以上の直しは入らないと思うくらい満足していましたが・・・・・・

不思議なものですね。。。。。。。

実際に建ちはじめてみて間取りが仕切られ、クローゼットなどもきちんと場所がわかるようになってみると

頭の中で考えていたものとは少し違った何かが出てくるんです。


あああ・・・・・・やっぱりこうしておけばよかったかも。。。。。。。。

出てきちゃうんですよね。


一番の残念はキッチンの窓です。

我が家のキッチンは家の北東にあり、ダイニングとちょっと仕切られたプチオープンなま四角なキッチンです。L字のシンク側(東側)にはそれなりに大きな窓があります。ところが北側は収納を・・というより予算の関係もあったのですが最初あった窓をなくしてしまいました。

南側のダイニングには小さな窓二つと大きなテラスドアが南側にありますのでキッチンもそれなりには明るいのですが、東側に隣の家が迫っているため、思ったよりは明るくないのです。

もう窓が出来ちゃっていますし、今更どうなるものでもないのですが、北側に小さくても良いから窓を開けておくんだったなあ・・・・と毎日プチ残念に思っているんです。

もう1つはリビングと教室の和洋室との直接の出入りは今回あえて出来ないように考えたのですが、壁と押入れを抜くと出入りも可能なんです。(つまり現段階はまだ壁も押し入れも柱の状態ですから自由に出入りが出来るんです。)

教室として使うときは確かに家とは完全に分けたい・・と思うのですがそれとは違ったところで客間として考えたとき、リビングからスッと和洋室に行けるとそれはそれで広がりも出来ていいんですよね。

こんなこと間取り図のときは全く考えませんでした。

これは、いまの段階ではどうしても直したければ可能らしいのですが、採光のことで構造計算をしなおさなければならず、意外に面倒なことになるようです。まあ、廊下を通れば出入りは出来るのですから今のままでいいという結論になりました。

聞いてはいたけれど、やっぱり出てきちゃうんですね。

「こうすればよかった。。。。。。。」

ってやつ?!!!

欲張りな自分が恨めしいです~
変更に変更を重ねて半年以上かけて様々なことを決めていった我が家です。なにせ時間はたっぷりありましたから。

そして、もうさすがにないぞ!と思っていたのですが最後にお風呂の色を変更しました。

決めてあった浴室はこれでした。
浴室グレー仕様
浴室床ライトグレー
カウンターブラック
鏡面パネルダークグレー


ちょっと渋めの黒とグレー。お風呂はちょっと落ち着いた感じでいこうと思っていました。

ところが実際に家がたちあがってみると隣の洗面所との距離が思った以上に近いのです。この洗面所の色と浴室との色のテイストの感じがあまりに違うのでどうしよう・・と悩んでしまいました。


洗面所の色はこれ

きらめき 色ベージュ


形は上の写真とはちょっと違ってこの形です。

収納と洗面カウンター
この45センチ収納が横に付く座って足入れが出来る洗面カウンターです。時間をかけてやっと決めました♪(鏡はこれでなく裏に収納が付いたタイプです。)
座ってお化粧♪




もう一度ショールームに行ってみよう!!と思い立って新宿に行きますと改装中のためクローズ。その場で唯一開いていた足立ショールームまで行ってきました。(遠かった・・・汗)

スタッフの人はとても親切できらめき(洗面のシリーズ)とのバランスも考慮に入れて一緒に考えてくださいました。

そして決めたのが

浴室壁ブラウン
FC01090.jpg
カウンターホワイト.
鏡面パネルブラウン


こんな感じです。これで洗面所とお風呂を開けっ放しにしてもとても統一感があって満足♪

ICのHさんにいいましたら、

「ギリギリ発注に間に合いましたよー。良かったですね。」

とのことでした。もうちょっと気づくのが遅かったら間に合わなかった・・ってことですね。

良かったー!!これで満足いく洗面所とお風呂になりそうです。
今日は以前水道やさんが間違えて抜いてしまった家の境界線の杭を入れなおすために測量士さんが入りました。

この時間の連絡を監督さんから頂いたとき、先週の半ばだったのですが体調が最悪で上げ下げ状態の真っ最中!!手帳に書いたつもりが時間を間違えていて、今朝もしや・・・と思って電話したら

「はい。もう測量士さんもいらっしゃってますよ。」

なんと電話をしたのは集合時間の3分前!!!なんと1時間間違えていたのです~!!!なんたること!

「ごめんなさいー!!すぐに行きます。」

30分遅れで到着しました。

「お電話したときに体調がお悪そうだったのでちゃんと伝わっているか実はちょっと心配だったんですよ~」

時間厳守をモットーにしている私としたことが・・・。本当に申し訳なかったです。

さて、家の方は窓がだいぶ入っていました。

教室用の和洋室掃きだし窓(PELLA)掃きだし窓入る


ダイニングのテラスドア(ODEN)テラスドア入る

開けるとこんな感じテラスドア開けたところ


何だかいい感じ~♪♪いよいよ家になってきた気がします。
上棟が終わると同時に色々なことが進行します。

まず防蟻剤を木材に塗りました。防蟻剤を塗った
すごい色ですね。
これを外壁の木材の部分と中の外と触れている部分にシューッと塗っていきました。身体に悪そうな色です。根太の木材は防蟻の薬が注入されている木材を使っていましたがこちらは違うのですね。全部注入のものにすれば良いのに・・と思ってしまいました。(そういうメーカーさんもありましたね。I工務店・とか・・・・)

屋根も到着して早速工事が始まりました。防水シートを張ってその上に屋根材を貼っていきます。長いはしごでドンドン運んでいきます。
屋根工事始まる
屋根の高さまで屋根材がスーッと上っていく姿はなかなか見ていて面白いです。私も乗せて欲しいー!!

そしていよいよ窓が登場です。PELLAやODEN(テラスドアと勝手口の窓。スウェーデン製の3重窓。)の窓が車から降ろされて行きます。
窓の運び込み


窓が来ると何だかいよいよ家・・って感じがしてきます。

はやく入らないかなー。

新しい内装の大工さんはKさんとはだいぶタイプが違うけれどとても腕が良い人だそうです。

よろしくお願いしますね!!
次の日はJIOによる上棟の検査が入りました。

JIOによる検査

これは基礎のコンクリートがちゃんとしているか、の検査。何箇所かやるだけでほとんどの部分が大丈夫ということがわかってしまう・・というすぐれものの検査機だそうです。
建て方検査コンクリートチェック


これは床が平行であるか・・を調べています。赤外線を使うのですね。
平行の検査


他にも釘がきちんと打てているか・・などとても時間をかけて調べてくれました。

結果は・・・もちろん合格!!最後に写真を撮って帰られました。
(一週間体調を崩しましてブログの更新が全く出来ない状態でしたのでまとめてUPしたいと思います。
現場に行って写真を撮るのが精一杯の一週間でした。)


お蔭様で先週半ばで上棟を迎えました。棟梁Kさんともお別れです。最後まで本当に気持ちよくしっかりやってくださり、お名残惜しいお別れとなりました。

特に上棟といっても何か儀式をしたわけでなく、でもせっかくの上棟ですから我が家では次のものを大工さんに差し上げました。

①ご祝儀(監督さんに金額の目安をお聞きしました)
②お赤飯
③小さな日本酒
④紅白饅頭の変わりに紅白の桜餅

写真を撮って置けばよかったです。前日に体調を崩してしまったので準備は何も出来ず、全て当日そろえましたが上棟の時間に間に合いました。良かった~。

最後にきれいにお掃除をしてくださいました。

「家が出来たらまた見にいらしてくださいね。」

そういってお別れしました。KさんとTさんにやっていただけて本当に良かったです。今頃別の現場で頑張っていらっしゃると思います。お元気で頑張って欲しいな・・と思います。


ケーブル?光?

先日ケーブルTVの営業の人が家に来て説明していかれました。

我が家はTV大好きな家なのでリビングだけでなく寝室、客間にもTVを入れる予定なのですがどういう風にするかは悩み中です。

ケーブルTVというからTV関係だけかと思ったらインターネットや電話も全部セットにもできる・・ということで俄然ADSLや光との比較が必要になってきちゃいました。

こういう比較は私より主人が得意なので任せていますが

とにかくメニューがたくさんあって選ぶの大変そうです。

電話線もケーブルをつかえば引き込む必要はないわけですし、そう考えるとそろそろ通信手段をきめるところに来ているみたいです。

さて~どうなるのでしょうか?私はインターネットが普通にできてテレビがいろいろなところで見られたら満足なのであとはお安い方法を見つけるだけですね。

主人も結構忙しいのでそおーっとおしりを叩きながら見守ろうと思います。

皆さん、どうしていらっしゃるのでしょうか?


もしよかったらクリックお願いします。にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ

うるさい弟?!

もうひとつついでに弟ネタです。

弟のところは2年ほど前に家を建築しました。凝り性の弟なのでそれこそ輸入住宅からコンクリート住宅まで全て調べまくって結局在来工法の家を地元の大工さんに頼んで作ってもらったそうです。

奥さんがお茶の先生なのでとにかく家でお茶の教室を開きたい、そのためのきちんとした和室のある家にしたい・・・という希望も強かったので輸入住宅はありえなかったみたいです。

風はよく通りますし、明るいし、本当にいい家だと思いますが、やっぱり1つだけ・・・・

廊下が寒い!!!

トイレはもっと寒い!!


これは仕方がないですよね。普通の一軒家の宿命ですね。でも他は洋風な部分はとても洋風で素敵ですし窓の大きさなんかをみると

「いいなあ・・うちよりも窓が大きくて明るいなあ」

と思ってしまうくらいいい家だと思います。

でも温度のバリアフリーは何者にも代えられません。うちはこっちでよかったと思います。

・・・・・で、何でうるさい弟かって?!

そうなんです。

以前キッチンをIHからガスにしたときの記事にも書いたのですが

IH→ガスの決断

弟はとってもいいと思うと結構その持論をこちらにも向けてくるところがありまして、結局ガスの時は自分たちの考えもあったのでガスにしましたがまたまたキッチンのことが話題に上ったのです。

今回はキッチンの天板のことです。

弟は料理が大好きで奥さんもものすごくお料理が上手なのです。キッチンには夫婦揃ってすごいこだわりを持ってキッチンを決めたようです。

L字のとっても大きなナショナルのキッチン。そして天板はステンレスです。本当にお料理教室が開けそうな使いやすい素敵なキッチンです。

「ねえちゃん、天板ステンレスにした?」

またまたこんなことを言ってきた弟。。。。

「ううん。全部人造大理石だよ。」

「ねえちゃん、ステンレスがいいぞー!!熱々の鍋もどこにでも置けるし、ガシガシと磨けば汚れもすぐに落ちるし、一番良いよー!」

出ました!弟の○○いいぞ発言!!と思いましたが今回は私には

可愛らしいキッチン
にしたいという気持ちがあり、私は弟ほど料理マニア・・・という感じでもないのでやっぱり機能的であるということよりいて居心地の良いキッチンがよかったので

気持ちはぶれませんでした。白いキッチンにしますよー!!

義妹も「お義姉さんのキッチン、絶対素敵ですよー!!楽しみだなー!!」って言ってくれたもん♪

でも、こうやって自分がこだわったものについて熱弁をふるってくれるというのは身内ならではですね。ありがたいなあと思います。

これからもどんどん「ねえちゃん、○○いいぞー発言」をして欲しいなあと思います。

よかったらクリックお願いします。にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ

パソコン到着

土曜日に弟の家にPCを取りに行きました。

ジャーン!新しいMYパソです。(中古ですから新しくないケド・・・)
PC1.jpg
PC3.jpg


バッテリーは私のほうで買ってあったのでその場で取り付けました。ビジネスソフト(ワード・エクセル)は弟に注文を頼んであったのであらかじめインストールしておいてくれました。

見た感じは・・・・・うーん。。。。やっぱ古さは否めません。

特に鍵盤がこんな感じ
PC2.jpg

(わかりますか???拡大するとお分かりいただけると思いますがOとかKのところが削れちゃって文字が見えません。どういう使いかたをしたらこういう風になるんだ?!!って感じです。)

でも買った業者さんに電話したら読みにくいもの、汚いものはに関してはすぐにきれいな鍵盤を送ってくれると言うことになりました。汚い鍵盤は返信用の封筒に入れて送り返してくれといわれました。

結構オークションで買ったので不安でしたがとても対処が良かったので安心しました。


とにかく軽い!!!!1キロちょっとなので本当に楽です。

早速動かしてみると、これがものすごく快適なんです。家で使っているデスクトップ(DELL)より今仕事で使っている15インチのダイナブックより起動は速いし動きはいいし、すぐに鍵盤の傷なんて気にならなくなっちゃいました。

弟の「これ、本当にイイワ!!!!オレが欲しいくらい。姉ちゃん、良かったなあ」

という言葉を聞いてますます私は得意満面でした。(って私は何もしていません。何で得意になる?!)弟には本当に感謝です。

昨日ケースも買ってきましたし、ますます愛着がわいてきました。これからどうぞよろしくね!




週の後半から週末は現場に行くことが出来ませんでしたが監督Eさんが写真を送ってくださいました。

屋根の形が出来てきました。2月7日屋根骨組み


週明けに屋根を付けていよいよ上棟・・・というところでしょうか。

さて、ハプニングの話です。

我が家と隣の敷地の境に杭だけでフェンスがない部分があります。(今回我が家の方でフェンスを作ろうと考えているのですが。)

実はその杭のある辺りに水道やさんが仮設の水道を作ろうとして間違えて隣地との境にある大切な杭を引っこ抜いてしまったのです。

それに監督のEさんが気がついたのが何日かたってからだったので正確な杭の場所がはっきりとはわからなくなってしまったのです。何たること!

大事な境目ですからどちらにも間違いがあってはいけません。

Eさんから全面的に謝罪のメールが来ました。きちんと測量士をたててきちんと直す、ということでした。ただそのために両家の人間が顔を合わせて杭を打つときに間違いがないようにと立ち会わなければいけない・・・ということなのです。

もちろんEさんにも非があるわけでもありませんから文句をいってもしょうがないのですが、何だか家を建てている最中にこういうことで緊張のある立会いをお隣さんとしなければならない・・・というのも憂鬱です。

でもでも、きっちりしっかりやってもらいますよー。こんなことでお隣の方といやな感情を残したくありませんからね。

ハプニングついでにこれははっきりとしたハプニングなんですが

先週家を見に行ったときに1階の収納1間半を西半間、東1間と仕切る予定だったのに、見てみると逆になっていました。スイッチの関係もありこれじゃ困るのであわてて大工のKさんにいいましたら、図面を確認しに行って

「あれれ・・・・これで図面どおりですよー。」

「えっ???確かに最初はこのようにしましたがだいぶ前に変更したんですよー!」

あわてて二人で別の図面を確認すると、確かに確認申請の図は変更後のものなのですが伏図の方は変更前のままになっています。

「ありゃりゃ・・・本当だ。」

Kさんも申し訳ながって下さり

「大丈夫、すぐ直しますよー。全然問題ないから~」

といってくださりホッと安心。

そこに監督Eさんがいらしたのでその話をすると

監督E「うわー、本当だ。スミマセン。うちのミスですね。」

大工K「ホントだよー!!(笑いながら)しょうがねーなー。すぐ直してやるからなー。ったく!!」

監督E「すんません。(拝み手)。(そして私にも)本当に申し訳ありませんでした。今後こういうことはないようにしますから」

私「いえいえ・・・直してくださるならいいです。」

まあ、それにしてもEさんとKさん、いつもとても良い関係のようなので二人のやり取りを聞いていて面白かったです。

これからも色々ハプニングはあると思いますが、今回のようにきちんと対応して頂きたいと思います。

祝5万HITと1周年

いつもお邪魔している方のブログが1周年を迎えた・・・という記事を読んではた・・・と考えましたら

このブログもいつの間にか1年を超えてしまっていました。

そして先日お蔭様で5万HITも自分で踏むことができました。(まあ、その10分の1くらいは自分で踏んじゃっているかもしれませんがそれでも)自分のつたないブログにコレだけの方が遊びにいらしてくださっている・・・ということに本当に感謝です♪


家を作るにあたって計画段階からよくもまあ、色々と思ったことやぼやいたことをずらずらと書いているなあ・・・と読み返してみると笑ってしまうところもあります。大決断したのに何日か経ったら前言撤回!!なんてこともずいぶんありました(笑)

それでもいつも暖かいコメントを下さる常連の皆様・・・・・通りすがりに素敵なアドバイスを下さった方たち・・・・。

本当に感謝です!

まあ、家作りはまだまだ道半ば。。。。。なにせまだ上棟もおわっていませんからね。。。。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

確定申告終了♪

終わりましたー♪♪

昨日のうちにて資料が出来ていたのでほぼ問題はありませんでした。

1つだけ、昨年末に借りた事務所の敷金は出費に入れてはいけないのに入れちゃっていた・・・ということくらいでしょうか。

当然前回事務所を借りたときもそのまま計上しちゃっていたので昨年まえの事務所を引き払ったときに帰ってきた敷金は利益に入れちゃっていました。

税理士さんは「まえの分はしょうがないですから今回はきちんとやってくださいねー。」ととても親切♪

あとは全く問題なく全部で30分くらいで終わりましたー。

ヤッターーーーーーーーーーーーーーーーー!!


ん??この気分、懐かしいような、なんだろう・・・・・・・・




と、思ったら学生時代期末テストが終わって明日からテスト休み・・・・・・っていうあの気持ちに似ているんでした!!!


あれもギリギリにならないとがんばらなかったんですよね。


まあ成長してない・・・・ってことですね♪

さあ、今日も夕方はお仕事だわ。よしっ!がんばろう!!!

年に一度の憂鬱

またこの季節がやってきてしまいました。

この季節・・・憂鬱・・・・

花粉症じゃありませんよ~(幸い今のところ発症していません。)



確定申告です。

今までずっと青色申告。優秀な納税者のわたしですが(といってもたいして稼いでいないのですけどね。。)

いやなことは全て後回しのこの性格。。。この季節はこの性格を何とかしなくちゃーとこの時ばかりはめいっぱい反省をするのです。。。だって・・・・・・

貼ってあったレシートの集計をしなきゃいけません。。。。これがまた面倒なんだ~!!

そして面倒なことを引き受けてくれる事務スタッフなど雇う甲斐性などありませんからこれは全部自分でやらなくちゃいけないんですよね。


昨日頑張りましたよ~!!

月々の収支が分かるようにそして一年間の収支を表にして・・・・・税理士さんに聞かれたときにきちんと見せられるようにノートにきちんとまとめました。


ただ、今までは毎年計算をするのに電卓を叩いて・・・あれ?やり直し?・・・あれ?計算が合わない??なんていうことがあり、何度も何度もやり直したのですが、

ふふふ♪♪♪

今年は少しエクセルが使えるようになったので計算は全てエクセルがやってくれました。入力さえ間違わなければ計算はバッチリ!!

便利な世の中になりましたよねー。

コレだけで去年より時間は半分以下になりました。

でも、まだまだエクセル初心者の私、

表を作るときに 1月・・2月・・・3月・・・とイチイチ入れ込んでいましたら、それを見た娘に

「あのさあ・・・・1月って入力したら、あとはスクロールして12月まで自動的に入力出来るの知ってる?」 

といって私に「エクセル入門」という本を目の前に置いてくれました。

へえ・・・・・・・・

そんなことも出来るんですね。恐れ入りました。

そんなこんなで今年はエクセル様のおかげで思ったより大変でなく資料は出来あがりました!!

今日税務署に行ってこようと思います。

無事に終わるといいな~
シートがかぶってからはあまり見た目が大きく変わったようには見えませんが今日3日ぶりに行ってみたら2階がだいぶ出来上がっていました。

部屋は全部壁やクロゼットができていました。

洗面所もお風呂の部分を除いて形ができています。穴が開いているところがユニットが入るところです。
3月6日2


2階の主人の書斎にはたくさん本が入る予定です。そのため床補強をお願いしました。

まず床を補強していない普通の床の裏はこのようになっています。これは1Fから2Fの天井を見上げたところです。
床補強なし

次にこれが床補強をした所の天井です。木材がたくさん入っています。これなら例え一番重いグランドピアノを乗せたとしても大丈夫だそうです。(今のところ乗せる予定はありませんが。。)
床補強あり


来週の前半には上棟となりそうです。ということは来週の頭に屋根が付く・・ということですね。
いよいよ家の枠組みが出来上がる・・というのでとても楽しみです。

現在家のアプローチをどうするか考えているのですが試しに駐車場の予定の場所に車を停めてみました。結構狭いかも。。。。。。
駐車場予定場所
もう少しどうするか考えたいと思います。
今日は家作りからちょっと離れます。

私が事務所で使っているのは3年前に購入した15インチのノートパソコン東芝ダイナブックのAXという種類です。今でも問題なく動いているのですが最近持ち運ぶ必要性が出てきてみると15インチで結構重いこのパソコンはとても不便。

思い切って少し小さめのパソコンを購入しようかと検討始めました。

ただ・・・12インチや10インチのパソコンって高いんですね。弱小教室の経済状態では20万以上払って買う余裕などありません。。。。できれば10万円以内で納めたい・・というなんとも無謀な気持ちを持っていました。

それでも探してみると10万円とまでは行かなくても12万くらい出せばビジネス(ワード・エクセル)が入った物も購入できそうです。ただメーカーが国内のものでなかったり、アフターに若干不安があったり・・・

それでパソコンに非常に詳しい私の弟に相談してみることにしました。彼はパソコンのコンサルタントをしているのでパソコンに関してはプロです。

「・・・でその安いヤツ、スペックは?」
「・・・で何が付いているの?」

・・と、ドンドン質問が来ます。

で、彼は即答。

「そんなの高すぎるよ。絶対買っちゃダメ。たいしたものが入っていないのに高く設定して安くしているから絶対ダメだよ。」

「・・・・・そ・・そう?わかった。じゃあ、どうしたら良いと思う?」

「う・・・・・・ん、予算は?それからどんなことにパソコンを使ってどんな頻度で持ち歩くの?」

細かいやり取りが15分くらい続きましたら弟が

「姉ちゃん、中古はいや?」

えー???中古??

考えたこともありませんでした。大体スペックも何のことやらよく分からない私ですから中古なんて怖くて手が出せません。

「もし中古でも良ければオレがいいやつ探してあげるよ。絶対に安心なヤツ。」

「今、中古はいいものがあまりきっているから絶対狙い目だよ。」とのこと。

それから2時間位してまた弟から電話がかかってきました。

「姉ちゃん、オークションでもいい?」

えー??????

オ、オークション????

中古だけでも怖いのにオークションなんて私の辞書には絶対無い!!!

でも彼いわく「オークションって言ったって個人から買うわけじゃないんだよ。絶対的に安心できるところが出しているならお店で買うのと一緒だよ。オレが全部やってあげるから」

もう、よく分からないのですが、彼が大丈夫といってくれたのでとりあえず任せました。

それからしばらくして

「姉ちゃん、いいのがある。東芝ダイナブックなら今使っているから安心だろ?これの中古で保障もしっかりしていて中身もしっかりしているから問題ないよ。落札していい?」

色々不安を言っていくとそれを全て心配ないと言うところまで納得できる説明をしてくれたのでとにかく任せました。

購入したのはコレ。
ノートパソコン


なんとちょっと前の型ですが当時は26万円もしたそうです。でも今回はあとからビジネスソフトと新品バッテリーそしてDVDマルチドライブを買わなくてはいけませんがそれを抜いたら4万円台。余計なものは全く付いていないところがお安い理由。でも容量は今までより大きくサポートも東芝ならしっかりしています。

すごいですね。

12インチですが重さが1・1キロということなので持ち運びは便利です。DVDドライブ・CDドライブの類は付いていませんから必要なときは後付けで・・となります。まあ、普段持ち運ぶときはそういったものは逆に必要ないからそれより軽いということが助かります。

さあ、弟の所には夕べ届いたと今朝電話がありました。さすがにちょっと傷があるそうですが動きは全く問題なく素晴らしくよく動くそうです!!持つべきものは弟です。

「オレのコンサルタント料、正式にはいったいいくらだか知ってる??大変だぞー!!」「まあ美味い昼飯何回分かな?」と笑って言ってくれた弟には本当に感謝!!

手元に届くのが楽しみです。
今日は私は仕事があって現場へはいけませんでしたが夜に帰ったら監督のEさんがメールを送ってくださっていました。

じゃーん!!!いよいよシートがかけられています。

2月29日2


これこれ・・・・よく建築日記で見るやつです。結構メーカーさんの写真が目立ちますね。
こんなりっぱな煉瓦のおうちが建つと思われちゃうかなー。これは御殿のような立川のモデルハウスの写真ですね。(しかも今のより御殿っぽかった前のモデルハウス・・!あれは結構すごかったです。今のほうが好きですがあれももう一度見たいものです。)

私たちなりにはとてもめいっぱいのおうちですがさすがにここまで立派じゃないのでちょっと気恥ずかしい気もしますがでも嬉しい。。。。。

はやく現物を見たいものです。



さて、馬車馬のように建築日記を続けて書いたので何とかオンタイムに間に合いました。
一日にこんなにブログを書いたの初めてです。
うわー・・・・疲れた。。。

明日はブルーシートを見に行こうと思います。

現場に行くといつもよりちょっと賑やかな感じです。何かな・・・と思いましたら何ともう足場を組む人たちが来ていたのです。

いよいよ1階も終わりに近づいてきているのですね。

2月28日7


2月28日8


建て方も大分壁が出来上がりました。もうすっかり部屋が分かる状態です。ここまできたら意外に広いな・・と初めて思いました。

ダイニングです。右の開口はフレンチが入りテラスに出るところ、左の二つの小さな窓の間に暖炉が入る予定です。初めて部屋をイメージしながら見ることが出来ました。

ダイニング


こっちは玄関から正面の廊下を見たところ。奥に教室に予定している和洋室があります。

2月28日2


足場はこの日で全部組み終わり、いよいよ1階の天井~2階に入ります。

足場を組んで下さった方々、ありがとうございました。解体のときまたよろしくお願いします。
着いたのが3時をちょっとすぎちゃって行ったら誰もいません。

「お茶間に合わなかったかな・・・・・」千葉まで仕事に行っていたので頑張ったのですがちょっと遅刻?

仕方がないので現場を見てみるともう壁を作りはじめています。床はすっかり貼り終わっていました。

わあ・・・断熱材入れるところ見損ねてしまいました。残念!!!

2月26日2


うわー、いよいよ家って感じです。

窓のところもはっきりとここにガラスがはまるんだな・・とわかります。結構厚いんですね。

2月26日6


玄関のタタキのところです。ちゃんと一段高くなっています。左にタタキと同じ高さに設けるシュークローゼットもちゃんとあります。意外にちっちゃい。。。。。

2月26日9 名無し



家の横の部分です。床下の通気口はこのようになっています。まず上の写真のようにちょっとすき間を空けます。次に金具の網のようなものをはめ込んで上から板をかぶせて留めます。これでへびもイモリもヤモリもゴキブリも入れませんね。これがグルッと家の周りを囲んでいます。
2月26日11

2月26日13


しばらくしてKさんといつも一緒のTさんが車で現れました。別のところで上棟があったそうです。

「シートがあっちの現場であまってたからこっち用にもらってきちゃいました。今晩雨降りそうですもんねー!!」

いつもながらありがとうございます。ちゃっかりしたお心遣いに感謝!

もちろん、お茶もちゃんとお出しできました。よかったー!!

その晩はいっぱい雨が降りました。シートが役に立ってくれたことでしょう。
日曜日ですからこの日は大工さんのお仕事は休みです。主人はなかなか現場に行くことが出来ないのでこの日は一緒に行って見ました。

風の強い寒い日でした。夜には天気も悪くなるかも・・・と言われています。

1階の根太はすっかり出来上がっていました。きれいです。
2月24日6
勝手口の階段もきちんとできあがっていました。
2月24日3


床の板もすっかりスタンバイOKです。
2月24日7


ただこの板はまだ防水していないので今晩雨が降ってしまうと濡れちゃうなあ・・・・
シートも一応かけてあるのですが何せ風が強いのでみんなめくれちゃっています。

すると・・・・・・

敷地に車がサーッと入ってきたかと思うと現れたのは大工のKさん。

「あれ、お休みじゃなかったんですか?」

と聞くと

「たまたま近くまで来たので風が強くてシートがめくれちゃっているのが心配で・・・・・」

「・・・・・・・」

いえいえ、たまたま近くまで・・なんてことありませんよね。お休みなのにこうやって我が家のために来てくださったKさんのプロ意識に感動しました。とても嬉しかったです。

車の中には可愛らしい奥様とお子さんが乗っていらっしゃいました。

せっかくのお休みなのにパパ取っちゃってごめんなさいね。
いよいよ大工さんが登場して建て方が始まりました。

こわーい職人気質・・っていう感じの人だったらどうしよう・・と思いましたらとてもにこやかでお話しやすい人だったのでちょっとほっとしました。

2×4の材木が基礎の上に載せられていきます。
2月21日10


次にゆかの土台になる根太を渡すための足をつけます。これは金属の足?だと思います。本当ならビスだけでも良いそうなのですが大工のKさんは念入りにボンドで止めてから固定をするそうです。

2月21日12

2月21日16

2月21日4


シロウトなのでよく分かりませんがとても丁寧にやってくれているような気がします。
良かった~

そうそう、余談ですが基礎のところどころにこんな小さな穴が開いていました。もしかして失敗?・・と思ってKさんに聞いてみたら基礎に雨水が入ってしまった時用の水抜きの穴だそうです。なるほど!!まあ、入らないに越したことはありませんがこういうものがあると安心なんですね。
2月21日17
ちょっとさかのぼります。

水道やさんがすでに家の配管を終えていました。
2月21日11


家の外の雨水浸透ますを設置していました。
2月19日10

2月19日12


基礎やさんは玄関の外の部分と裏の勝手口のステップの部分の基礎を作っていました。中には家のために土を掘ったときの石ころやガラガラしたものを入れています。さすがに金属やゴミは入れないで下さいね~とお願いしました。大丈夫かな~
これは勝手口側2月19日2


基礎はこれで完了です。後日大工さんが「とても基礎が良く出来ていますよ。良かったですね。」といってくれました。

床下に敷き詰める断熱材が来ていました。カネライトフォームです。
2月19日15
2月19日16


いよいよ明日から建て方に入ります。

基礎やさん、水道やさん、ありがとうございました。



Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。