プロフィール

タイタニアレイン

Author:タイタニアレイン
こんにちは。天草ハウジングで輸入住宅を建築中です。建築日記と同時に昔住んだアメリカでの暮らしの思い出、日々のたわいない出来事もつらつら書いていきたいと思います。


FC2カウンター


よかったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キッチンの床

キッチンの床、皆さんは材質は何を入れていらっしゃいますか?

うちは標準では無垢の板が入ることになっていますが他に変更も可能です。

キッチンとダイニングは一応少し仕切りが入っていて一部屋・・というよりは別の部屋として見ることができますが意外と仕切りの幅が短いのでキッチンはとてもよく見えます。したがって床も良く見える・・ということになります。

候補として上がるのは

①無垢の板
②クッションフロアー
③タイル


こんなところでしょうか?

ちなみにトイレと洗面所はクッションフロアーが入っていますが、これだけキッチンが良く見えるとクッションフロアーはやめた方が良い・・・というHさんの意見でした。

そうなると木材かタイルか・・・となります。

ちょっと割高ですがタイルのキッチンってオシャレな感じ・・・それに染みもつきにくそうだし、お掃除も濡れ雑巾でしゃかしゃかと拭けそうでいいなあ・・・・・

と思っていたのですが、マイナスの点もあるそうです。

1つは食器を落としたら必ず割れる!!

もう1つは足が疲れやすい

というらしいのです。

割るのは私は意外に食器は落とさないので大丈夫かなあ・・と思うのですが足が疲れやすい・・というのはさすがに経験が無いのでどんななんだろう・・・・とちょっと不安です。

もしキッチンの床がタイルで確かに疲れますよ~みたいなご意見があったら伺いたいです。逆に木材を敷かれたかたのお話も聞きたいです♪

よろしくお願いします。
スポンサーサイト
教室スペースの和室はまたまた二転三転して室内窓をやめて(すみません、大騒ぎしたのに。。。)、最終的には西側と北側に2枚ずつ窓を入れることによって明るさをしっかり確保する方法を取ることにしました。

南側の玄関との境は普通のドアにして横に床の間と押入れを入れました。

そこで今悩んでいるのが窓からの景色です。

和室は教室スペースであると同時にお客様が来たときに泊まっていただくお部屋なんです。前にも書いたのですが西側の窓の前は隣の家が1m位に迫っています。ですから基本的にはほとんど開けられないのです。そうなると北側の窓・・ということになりますが現在後ろの塀までの距離が1m40cmくらいその後ろにはコンクリートの建物の壁が高く立ちはだかっています。覗かれない・・という意味ではいいのですがあまりに淡白な・・というか面白みの無い景色です。

後ろは通路も確保したいのでこれだけの幅ですとあまり物が置けません。でもお客さんが泊まるとなったら是非窓からの景色も贅沢は言いませんが少しは緑が見えるようになって欲しい・・・・と思ったわけです。

緑がきれいに見える方法・・・・

高い緑の塀をたてれば緑が見える・・・・・ってお笑いの背景の板じゃあるまいし・・・・・・

でも木を植えるには幅が足りません。

それで今ひとつの選択としてあがっているのがこれ、

家全体を60センチ南にずらす・・・ってことです。そして幅が少し広くなった(2メートル位)通路に塀に沿って窓の高さからきれいに見える常緑樹を植える・・というのが私のイメージ。。。。

当然ですがこれによって南の庭の奥行きが当然60センチ短くなるわけです。

南には家が建っていないので日当たりはそれでも確保はできるのですが、それでもせっかくの南庭を削るなんて勿体無いですよ~

とHさんにも言われました。

140センチの幅の通路でも窓から素敵に見える方法があれば家を動かさなくて良いのですが、北なのであまり日当たりが良くないし、水遣りもあまりできないかなあ・・・と思うのでラティスに緑をかける・・というよりは木が植えられたほうが長い目で見ると良いかなあ・・と思うのです。

庭木には全然詳しくないので具体的なイメージはまだあまりないのですが、それ自体はまだまだ年が明けてから考えても全然間に合うのですが、木を植えるかそのままの幅で行くかは家の位置に関わる話なのであんまりのんびりできない話なのです。。。。。

何とか北からの景色がまあまあになる方法がないものかしら。。。





キッチンにどうしても確保したかったのが

①食品を入れておくスペース
②スロップシンク
③ダイニングやリビングから見えないようにホットプレートや氷かきのように普段使わないものを入れておくスペース。
④勝手口

です。前回の間取りはキッチン横に4畳半の部屋を設けて仕事用とキッチン用のものを全て収納できるようにしていたのですが、間取りを変えることによって、キッチンと仕事場所が離れてしまいましたので、純粋にキッチンスペースの中でどうするか悩みました。

キッチンスペースがオープンになってダイニングからかなり見えるようになったこともあり、ゴチャゴチャしたものを見せないキッチンを目指したかったので色々悩みました。

当初天草さんが提示してくださったのではキッチンの一番奥に勝手口がありその横に1間の物入れがあり折れ戸がついていて、その中にスロップシンクも食料も全て入れる・・・というようになっていました。

でもそうなると
・勝手口が意外にダイニングから丸見え
・スロップシンクを使うたびに折れ戸を開け閉めしなければならない
・食料と大きなものとがこれだけでは入りきらない??

ということが気にかかります。

その辺も考えながら、キッチンのレイアウトもI型・L型・U型・対面型・・・と色々考えていかなければならないのでパズルのようでした。

色々なキッチンの本を見ていてふと目に留まったのがキッチンの横にユーティリティがあるパターン。

最終的には我が家はキッチンは6畳それに収納として確保していたのが1畳ですし、洗濯機などは2Fにあるのでユーティリティなんて我が家には関係ないと思っていたのですがふと収納を扉・・というのをやめて収納の中に勝手口を付けちゃったら・・・と発想を変えてみました。

「収納としてあった1畳を2畳弱まで広げて壁で囲み80センチ位の出入りスペースを開ける。」ということです。すると・・・・・

・その中のスペースの中に勝手口とスロップシンクを設置する。
・残った壁のところに奥行き20センチのスチール本棚を二つ置く。

これらが全部入ってしまいました。

なんちゃってユーティリティ??!!


これによってキッチンは確かに少し小さくなってしまいましたが、I型にしてアイランドを置いたので空間としてはそれでも十分ゆとりがあります。

そして小さななんちゃってユーティリティですが部屋として確保したおかげでゴチャゴチャしたものもシンクもドアもダイニングからはほとんど見えません。しかも出入り口はドアをつけずにオープンにしてるのでキッチンにいるときもチョコチョコと出たり入ったり出来ます。キッチンペーパーの買い置きやポカリスエットの箱なんかも全部入れておけそうです。家族の連絡網や学校のお便りを貼っておけそうな大きな壁も確保できました。

もう少し広いとちょっとした机がおけて便利なのですが贅沢は言っていられません。とにかくこれだけのものが入れられたので

多分ですが・・・

すっきりしたキッチンが実現できるのではないかと思います。

間取りほぼ確定!

いつまでも落ち込んでばかりいられません!!

家作りは進んでいかなくては行けないのですから・・・・。

昨日の打ち合わせはとても有意義でした。先週の後半、間取りの最終案を私のほうからいくつか提案しました。

それを天草さんのHさんと設計の方で安全を確認して

昨日でほぼ最終的な間取りが決まりました!!!

そして昨日の話し合いでちょっと残った部分を今日電話で大体決めました。

あと2つばかり実は残っているのですがそれは窓だったりドアだったりするので

基本の間取りは大体決まりました。

一度確定した物をほぼ全部変えたのであちらの対応も金額を出すのも大変だったと思います。

でも金額も今回提示していただきました。

100万以上のアップです。でもキッチンがアイランドがついたり、広さも1坪大きくなったし、洗面も90センチが大きくなったし、ですから納得の上の金額アップでした。一つ一つ何がなくなったからダウン、何が入ったからアップ・・・とはっきりしていて分かりやすいです。

でもあとトイレが絶対今のままじゃダメなのでアップすることが決まっていますし、ドアをもしかしたら1階のみグレードを上げるかもしれないのでアップ額はもう少しいっちゃいそうです。

お金のことを考えると本当に胃が痛くなりますね!!

さて、間取りです。

今週の打ち合わせで一応最終間取りでサインをすることになると思います。今後変えるときは支払いをしなければなりません。

緊張して引き続き、漏れが無いか見ていこうと思います。

最終間取りにサインしたらブログでご紹介したいと思います。
題名を見て何のことかと思ったでしょう?

でも今日はそんな気分なのです。

今日は天草さんの打ち合わせの日でした。

話し合いはとても中身が濃くて有意義でした。それについてはまた書きますが、それよりも我が家の家作りにおいて今までで一番かもしれないショックな出来事がありました。

担当のHさんが9月いっぱいで退社されることになったのです。

それはHさんにも晴天の霹靂の出来事だったらしいのですが、家庭の事情で本当にやむを得ず・・・ということのようでした。

初めて展示場に行った日からいつも目をキラキラさせて家作りに対する情熱を私に見せてくれて、

他のメーカーと比べていたときも、彼の情熱は他のメーカーさんを圧倒していました。一緒に家作りの話をするのも楽しくて時間を忘れるくらい、メーカーさんの良さもありましたが、一緒に家作りをしたい!!と思わせてくれるそのHさんの情熱に賭けてこのメーカーに決めたといっても過言ではありませんでした。

「小さな会社なので転勤があってもそんなに遠くには行きません、だから僕が必ず最後まで一緒にお付き合いします。一緒に良い家にしていきましょう。」

その言葉に間違いは無く、今まで本当に何があってもいつもにこやかにこちらの要望を見事にとらえてくれて、それは本当に決して裏切られることがありませんでした。

私の家に対する思いも全て分かってくれて常に気持ちよく対応してくれました。

それなのに・・・・

それは決して不誠実な対応だったわけでなく、仕方がないことではあったのですが、

さあこれから、家作り!!

というときになって、突然のHさんの言葉。

あまりのショックでそのあと何をしゃべったか良く覚えていないくらいでした。

何だか例えは変ですが

ずっとお付き合いして一番盛り上がってさあ結婚しよう!!

と思って式場を予約したとたん、

「ボク、田舎に帰って家業を継ぐから君とは結婚できない」

といわれてしまったような、そんな気持ちです。

まあ、その場合なら追いかけて行って「私も一緒に行くわ!」と言えるのですが

今回の場合、会社を辞めるといっているのに

「それでも良いからウチの家ができるまで担当してください。」

とは言えませんもの。。。。。

完全に失恋です!!

来週の打ち合わせで新しい担当の方がいらっしゃるらしいのですが、今までのようにワクワクするような話ができるとはどうしても思えなくて、

今日は本当に落ち込んでしまいました。

玄関ドア

和室を明るくする・・という理由もあって玄関ドアを当初のものと変えることにしました。

最初予定していたのはこのタイプ。
20070826011004.jpg

(画像提供 天草産業) ドアのみの映像が無くて見にくくてすみません。

そして今回選んだのはこのタイプ

20070826011154.jpg

(画像提供 天草産業)

(あとで確認したらあと下に一列ガラスが入って計6枚のガラス入りのドアでした。もうちょっと明るくなるようです。画像が見つからなくてすみません。)


どちらもスウェーデン製 スニッカーペール という製品だそうです。

それほど大きく違わないようですがガラスの面が多くなったのでずいぶんと明るくなると思います。
ガラスが大きいということはそれだけ防犯面では危険も大きいという考え方もありますが、このガラスが割られる位ならもうそのときは他からだって進入できるから入られるのはしょうがない・・と割り切ることにしました。

ただ相当このドアはガラスも丈夫で進入は大変という事でしたので多分大丈夫でしょう。住宅展示場で何軒か玄関から泥棒に入られたときも天草のドアはこじ開けようとした跡はあったけど無事だったそうです。

だいぶ家の顔も変わってきましたのでそろそろ新しい家の色つき立面図が欲しくなってきました。Hさんにお願いしようと思います♪

お風呂の広さ

お風呂・・・・皆さん大体どのくらいで造っていらっしゃるのでしょうか?

我が家は2Fに浴室があるという事もありますしシステムバスを取り入れることになっておりますが、当初1坪のものを入れる予定でした。

大体みんな一人で入りますしこれで十分かな・・・と思っていました。

この夏私の出張中子ども達が実家に泊まっていたのですが実家のお風呂は洗い場入れて2坪近くあるかとういう大き目のお風呂場なのです。(古い家なのですが・・)そこで毎日娘は母と、息子は父と一緒に入ってとても楽しかったというのです。

母は誰かとお風呂に入るのがとても好きな人で私も帰るといつも一緒に入ってゆっくり色々なことを話します。忘れていましたがそういう時間が実はとてもよいコミュニケーションの場になっていたのです。

我が家のお風呂が余りに狭いので娘と一緒に・・・なんていうのは考えられないものですからウチでは一人ずつ入るのが当たり前になってしまっていましたが、これから色々難しい年になってくる娘ともし時々でも一緒にお風呂に入れたらいろんな話を聞くことができてよいかもしれない・・・

母とお風呂に浸かりながらそう思ったのです。


昨日INAXにお風呂の広さを確認しに行って来ましたが、

やっぱり1・25坪にすると広い!!これならこれからますます大きくなりそうな娘とひょっとしたらますます横幅が太るかもしれない私が一緒に入っても大丈夫そうです。

・・・ということで我が家のお風呂は1坪から1・25坪に変更しました。その分1・5坪あった洗面所が1・25坪に減ってしまいましたがそれはそれほどの痛手でもないかな・・と思います。

愛しの洋食器

海外赴任したとき一時洋食器に凝ったときがありました。

お客様が多かったというのもありますし、あまりたいした食器を持っていなかったのでこの機会にフルセットで揃えておけば今後役に立つだろうからずっと長く使えるものを買おうかと思ったのもありました。

日本から洋食器の本を送ってもらッたり食器好きのお友達に話を聞いたりして1年くらいゆっくり考えました。

このときに私がとても好きで何度も読ませていただいたのが生方美智子さんの本20070824122716.jpg
です。

食器についての考え方も共感できましたし、美しいコーディネートにうっとり、何度も何度も読んでいつかこんな風にお客様をおもてなしできるようになりたい、と思ったものでした。

色々な食器のシリーズが候補に挙がっては消えていきました。

当時候補に挙がったのは・・・

・ウェッジウッドのフロレンティーンターコイズ
・ウェッジウッドのコロンビアセージグリーン
・リチャードジノリのイタリアンフルーツ
・リチャードジノリのベッキオホワイト
・レノックスのオータム
・ヘレンドのアポニーグリーン
・ヘレンドのインドの華
・ロイヤルドルトンのビルトモア
・ロイヤルコペンハーゲンのブルーフルテッドハーフレース
・ロイヤルコペンハーゲンのホワイトフルレース

他にもまだまだありますが結局私が最終的に買ったのは

ロイヤルコペンハーゲンのホワイトフルレース

です。生方さんのお勧めの1つのシリーズでした。

残念ながら日本ではあまり取り扱いが多くないのですが真っ白で周りがレースの縁取りがあってとても品があり、電子レンジにも食洗器にもいれられる丈夫なものです。また、真っ白なのでどんなクロスにもあいますし、お料理も何をのせてもきれいに見えるところが気に入りました。

これのブルーの柄つきのシリーズはとても有名なので誰でも知っていると思うのですが白があるのは以外に知られていないようです。

画像はブルーのものがあったのでのせます。ホワイトは画像が見つからなかったのでこれの柄無しと思って下されば幸いです。

20070824130833.jpg


ブルーはとても華やかで和食にも合うのでこれもいつか・・とは思っているのですがこのシリーズはお高いのですよね~。住宅ローンを払い終えてからかな。。。。。

それでも6人分そろえるのは大きな買い物でした。エイヤっと思い切って揃えました。和食器は1つずつ揃えるのが好きなのですがこういうものは頑張って正解だったと思います。その後のお客様ではいつも大活躍だったです。お友達にも評判で、真似をして買ったお友達もいたくらいでした。

今の家はとても狭く人をお呼びできるような状態で無いのでなかなか使えていないのですが、家を建てたらまたいっぱい活用したいと思っています。

画像アップはそのときに。。。。。。。。

タッチレス水栓

キッチンのレイアウトはまだまだ悩み中ですが是非これは取り入れたいと思っているのがINAXのタッチレス水栓「ナビッシュ」です。

輸入住宅にしては少々デザインがモダンで今風のモダンなキッチンには合いそうなのですが私の考えるキッチンにはあまり合わないのですがそれでも入れたいと思う理由は・・・・

まずタッチレスなので水が節約できる。これはなかなかすごいと思います。

浄水器が中に入っているものを選べば別に取り付ける必要が無い。

シャワーもついているのでお掃除も楽。

とこんなところです。お値段もかなり良いのですが汚い手でも水を出したり止めたりができるのは実はすごいことじゃないかと思うのです。
まあ、それで元が取れるのは何年先になるかはわかりませんが。。。。
でも節水は大切ですよね。
間取りを変更した後にキッチンのスペースは7畳になりました。家の北東の角部屋です。それまでのプランですと北向きだったのでちょっと暗いかな・・と思っていましたが今回のプランだと南側もフレンチドア付きのダイニングに繋がっていますので半仕切りはあるとはいえずいぶんと明るいキッチンが望めそうです。

さて、この真四角の7畳のスペースでどういうレイアウトができるか・・・・あれだけ悩んで決めた前回のレイアウトを一旦白紙にして一から考えました。

L字・I型・コの字型・対面式・・・・・色々な可能性が考えられます。収納は1間のクローゼットが取れそうです。そして勝手口が北側につきます。

自分の中で何が一番重視したいか・・・・と考えたとき

アイランドカウンターが欲しい!

これが一番だということが分かりました。

輸入住宅らしいのは壁にキッチンをつけてアイランドを置く・・と言う方かなあ・・と思っていたのですが現在は輸入住宅を作る人もかなりの人が対面式にするそうです。

今回のプランだと対面式キッチンも可能だったのですが、私の中ではどうしても開けた空間に家族や友達が囲んでワイワイできるキッチンにしたかったのでそれならアイランドかなあ・・・と思ったのです。

それもちょっと大きいのが欲しいのです。でも人工大理石のカウンター・・・高い!!!

いろいろなところでコストアップしてしまったのでこれからどうやって抑えていくか・・を考えなくてはいけないところでキッチンは大きいです。

現在自分としては理想はL字型に人工大理石のアイランド、そしてキャビネット・・・これを全て天草オリジナルの無垢財のとびらでやることです。

でもこれは多分予算オーバーなので色々コストダウンの方法を探すことになりそうです。考えられるものとしては


① アイランドのトップを人工大理石でなく木材にする。
② 天草オリジナルではなく国産のキッチンにする。
③ L字型でなくI字型にして長さを少し長くして(3mのものにして東側   に向ける)そしてアイランドを置く。
④ キャビネットは似たようなものを通販などで探す。(あまり見えな   いので。)


こんなところでしょうか。でも②は無いかなあ・・・やっぱりダイニングから見えるキッチンなので輸入住宅らしいものがいい気がします。

アイランドは木材のトップだとやっぱり汚れますよねー。染みとかついちゃいそうだし・・・・。上にビニールのマットを乗せて・・という方法もありますが・・・。どうなんでしょう?でも思い切り満足するまで大きなカウンターが作れそうなんですが・・・・。

④はよくシュミレーションしてあまり目立たないなら別物を買ったほうがよいと思っています。今は結構良いもの出てますし。

そして③は予算があればL字が良いのですがI字でも3mあれば結構使い勝手は良いかも・・・と思っています。それでもかなりL字よりは安くなるそうです。

次回の打ち合わせではまだ確定はしなくて良いのだと思いますが家作りの中でとても大きなウェイトを占めるところなので色々悩んで決めていきたいと思っています。

毎度毎度いつまでたってもはっきりしないブログですみません。。。。

和室を明るく

間取りを変更して教室スペースとしての和室が玄関の北側に移動しました。今までの案ですと南側の一番西寄りの部屋をお教室として考えていましたので日当たりはとてもよかったのですが、玄関とは別の出入り口を設けるとセキュリティ上もちょっと不安もありましたし、ダイニングが北東の場所だったので家族が長く過ごすスペースを南側にしたほうが・・・ということで教室は北側になりました。

玄関を入るとちょうど目の前が和室になります。当初やはり玄関から見えるということで片開きのドアで和室に出入りするように考えておりましたがそこでひとつ問題が・・・・・・。

家の北西に位置する和室ですが広さ8畳に対して窓が取れるのは西側の面だけ。北側は押入れ、床の間があるので窓を付けられないのです。そして南側は出入りの小さなドアのみ。しかも西側はすぐ目の前まで隣の家が迫っているのであまり大きく開けておきたい窓ではないのです。

お教室であると同時に誰かが泊まりにきたときに遣っていただく予定の部屋なのにちょっと閉塞感がある気がする。。。。。。

母に指摘されて確かにそうだと思い始めて悩んでしまいました。

母は和室の入り口を一間の戸襖にして両開きにすることによってそこを1間開けておけば玄関からの明かるさを感じることができて閉塞感がなくなるのでは・・・というのです。

ただ、そこは玄関から入った正面。。。。。。

どう考えても両開きの戸襖が目の前にあるのは輸入住宅らしくない。。。。。そうおもいませんか?

明るさも大事、でも輸入住宅らしさも大事。


この2つにはさまれて3・4日悩んでしまいました。


そんなとき、ふと思いついたのが部屋に窓をつける・・・という案です。

和室の南側(玄関と接している面)に玄関が見える窓をつける・・・ということです。ブラインドを閉めていれば玄関からも和室を覗くことはできませんがブラインドを開ければ玄関の明るさは窓を通して和室に入って行くのです。そして玄関から和室を見ることができるのです。

これを思いついたときはとても嬉しかったです。明るさだけでなくもう1つのメリットを思いついたからです。

こうすることによってレッスンをおうちの方に覗いて見ていただくこともできるし、玄関で待っている子ども達の様子もレッスンをしながら和室から見ることもできるのです。

玄関の正面に小窓がある・・・その向こうが和室なのですがそれでも隠れていればちょっと洒落た玄関のアクセントにもなりそうな気がするのです。

本当にそれでおかしくないかは心配もあるのですが、
実際にこういう風に廊下や玄関の部屋との境の壁に小窓をつけた方がいらしたら感想を聞かせていただきたいと思いますがなかなかいらっしゃらない気がするのです。。。。。。


オシャレな玄関&和室になってくれるかしら???ちょっと不安もありますがこの前の打ち合わせではHさんは「それならオシャレで素敵な感じにできますよ。」と言ってくれましたし他にどうしても良い案が出ないならこのアイディアで行こうかと思います。


今回のオーストラリア、期待した家を見に行く、というのは叶いませんでしたがその代わり大自然を満喫してきました。

東京から7時間、ケアンズに到着して、そこから車で2時間半ほど山道を登って奥地へ!!(この山道、くねくね道なのに、こちらのドライバー時速80キロで上って行くので子ども達も私たちも全員車酔い!!!大変でした。)

そこは世界遺産にも認定された国定公園のど真ん中の合宿所。とにかく見渡す限り素晴らしい景色でした。

恐竜時代から変わっていなくて今ではここでしか生えていないというシダの木。(本当に椰子ではなくてシダなのです。)
20070817214227.jpg


ここに住んでいる人でもめったに見られない・・という野生のカモノハシにも会うことができました。

20070817214211.jpg


星も素晴らしかったのですがこれは写真に取ることが出来ませんでした。残念!!

それから真っ暗な森の中を懐中電灯だけを頼りに30分ほど歩いて土ホタル(壁に張り付いたホタルの幼虫。)を見たときにはあまりの美しさに息を呑んでしまいました。真っ暗な中で青白い光が何千も浮かび上がって何とも幻想的だったのです。ただ、少しでも光を当てると土ホタルは死んでしまうのでこれも写真は取れませんでした。

朝の景色も素晴らしかったです。朝日がだんだん上がってきて木々が赤く染まってくるところはいつまでも見ていたいものでした。

20070817214142.jpg


そのほか誰もいない湖でボートに乗ったり泥沼で泳いだり本当に普段できない経験を沢山することができました。

子ども達もみんな本当に楽しそうであっという間に都会っ子の顔が変化して行くのを見ていてとてもよく分かりました。

食べ物は子どものための合宿所でしたからあまり美味しいものは食べられませんでした。そういう意味では決して贅沢ではなかったのですが
大自然をこれだけ満喫できたのはこれ以上無い贅沢な旅行だったと思います。

こどもたちは自然を楽しむだけでなくホームステイや現地の学校の授業を受けたりとドキドキの経験もあってそういった意味でもとても充実した研修だったと思います。

もっともっと沢山の子ども達にこの素晴らしい体験をさせてあげたいと思って帰国しました。

打ち合わせ

久しぶりのブログです。オーストラリアの仕事はとても有意義で自然を満喫して無事に帰りました。ただ結構忙しかったのと行った場所があまり住宅として参考になるような場所でなかったのでそういう意味ではあまりブログに載せられるようなネタがないのがちょっと残念でした。

そのあと実家に戻っていたものですからブログの復活が遅くなってしまいました。また今夜からよろしくお願いいたします。

さて、我が家の家作りですが少しずつですが前に進んでいます。

まず土地の問題でなかなか着工の日が確定できない状態でしたが、どうやらもうすぐかたがつきそうです。

よっぽどのことがなければ

着工2月のあたま

そして完成が来年の7月


ということになりそうです。(パチパチ!!)

うまくいけば来年の夏も今年くらい暑かったら来年は全館空調の快適なおうちで過ごすことができるのではないかと思います。(今年はコンクリートの社宅の最上階は逃げ出したくなる暑さです!!)

先週末に久しぶりの打ち合わせがありました。

間取りを大きく変えたことをこの前ブログに書きましたが、今回それを大体確定しました。

大きく変えたのは玄関の位置です。これによって家の顔は大きく変わりました。可愛らしさからいうと家の真ん中に玄関があるほうが良かったのですが、今回とにかく使い勝手を重視し、考えに考えを重ねて

これ以上は思いつかない!!!

という間取りになったと思います。まだ細かなところで決定できていないところもありますがおおよそ次回の打ち合わせで決められそうです。

やはり一生に一度の家作り・・・とおもうと後悔は残したくないですので間取りも納得できるまで直すことができて本当によかったと思います。

こういうところを気持ちよくやってくださるので今のところここのメーカーでよかったな・・と思っています。一度契約してから間取りを変えるのが大変だった・・・という話を何度か聞いたことがあるのでその点、とても気持ちよく話ができてありがたいと思っています。

ただ、ほんの少しですが広さが広くなってしまったのでどうしてもコストアップしてしまうのは間違いないと思うのです。(次回お値段の提示があるのでドキドキです。)

そこで今度はどこでコストダウンを計るか。

この辺がしばらくの課題になりそうです。

現在キッチンのレイアウトで何とか少しコストダウンできないか、と検討しています。

最終的にキッチン7畳、ダイニング7畳、リビング8畳という広さになりました。ただキッチンとダイニングあわせて14畳を割合を変えることは(例えばキッチン6畳でダイニング8畳とか・・)可能なので、

使い勝手も良くてしかも見た感じ素敵で、それでもってコストを抑えたキッチンにするにはどうしたらよいか・・・・

これを色々考えています。

これについてはまた書きたいと思います。

あとはなかなかダウンは大変です。

グレードを上げるのは簡単なのに。。。。。それでもこれからも細かいところを決めるうちに上がってしまうのではないかとちょっと怖いです。


外壁も色見本を見せてもらいました。ほぼ白にするつもりでいたのですが外壁のサイディングも白だと結構汚れが目立つという話もお聞きするので少し目立たない色も良いかもしれないと思い始めています。結構渋いレンガ色や上品なグレーや素敵な黄色い感じのものもあったのでまた悩みそうです。

またそろそろトイレやバスルームも決めていきたいと思いますし、いよいよ打ち合わせも具体的になっていきそうです。




Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。