プロフィール

タイタニアレイン

Author:タイタニアレイン
こんにちは。天草ハウジングで輸入住宅を建築中です。建築日記と同時に昔住んだアメリカでの暮らしの思い出、日々のたわいない出来事もつらつら書いていきたいと思います。


FC2カウンター


よかったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
明日から海外出張で一週間留守にします。今回はPCを持参しないので更新もコメントの閲覧もできませんので申し訳ありません。

行き先はオーストラリアなのでおうちはどういう感じなのでしょう?全く予想がつきません。イギリス領だったからあちらの雰囲気なのかなー。素敵なおうちやインテリアがもし見られたら写真に撮ってこようと思います。でも子どもの引率なのでどれだけそういう機会があるか「??」なのですが。。。。。。。
でも向こうのおうちにお邪魔する機会もあるので興味津々で見てこようと思います。

ではまた帰国したらよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト

間取り変更中

実はここ何週間か間取りを大きく変更する話し合いをしています。

一度はほぼ確定した間取りだったのですが、色々あって今回大きく変更することになりました。

一番大きいのは玄関の位置を真ん中から端に移動したことです。これで外観の印象ががらっと変わることになりました。

それから教室のための出入りを家族と同じ玄関にしました。今までの案ですと生徒達は和室のタタキから出入りをする・・・ということにしていたのですがセキュリティのことなど色々考えて家族用の玄関を使うことにしたのです。そのためにタタキ部分は無しにすることにしました。

和室は玄関の北側、つまり日当たりや景色はあまりよくない場所になってしまいましたが、その分ダイニングとリビング、両方が南向き、そしてキッチンも今までは北向きでちょっと暗いかな、という感じでしたが今回東側に移って明るさも確保できるようになりました。

階段もリビング階段になり子どもが上がり下がりするのがすぐにわかるようになりましたのでまだまだ子育て中の我が家にはこのほうがよいかもしれません。二階は左右逆転をしましたが大きな変更はありませんでした。

今回かなりの間取りを変更しましたが最初に契約時に取り交わしたお値段から変更点のみを足したり引いたりしてくれるそうなので安心です。

よく契約後に間取りを変えるととてつもなく値段が上がってしまうので何だかだまされたような感じで不満だ・・という話をよく耳にしますがその点は天草さんは実に透明性が高いと思います。

昨日の打ち合わせの後、家で主人と話し合い、マイホームデザイナーで間取り図を少し調整して今度は天草のほうへ送りました。

Hさんから「おおむねこれでいけると思いますよ。」とお返事を頂いたのでホッとしました。今回は間取り図を載せるのは控えますがなかなかよい間取りだと思います。細かいところは微調整しながら夏が終わるころには間取りも決定したいと思います。

日当たり

今朝息子のお弁当を作っていてふと思ったことです。

今住んでいる社宅はキッチンが北東にあり、朝だけなのですが朝日がさんさんと差し込んできます。今日あたりはちょっと暑いなあ・・・と思ったのですが、それでもキッチンに足を踏み入れたとき日が当っている・・・ってちょっと幸せな気持になります。

みんなそれぞれ自分のおうちで

この時間に

この場所に

日が当っているときが好き・・・・・


みたいなものがあるのではないかな・・と思うのです。

もちろん日当たりだけは周りの建築物の状態や家の向き、道路付けなどで自分の思い通りになる人ばかりではないと思いますが、それでも住んでみたらここに日が入ったのが思いがけず嬉しかった・・・などの書き込みも良く目にします。

以前アメリカのアパートで日当たりがほとんど・・というか全くなかったときにものすごーく悲しくて耐えられなかったことは以前ブログに書きましたが、日当たりってやっぱりすごく生活の中でウエイトを占めるものだなあ・・って思うのです。



ちなみに帰国後最初に住んだ社宅は完全西向き。他の方角には建物がびっしりで日が全く入りませんでした。

西日か~。。。。。朝は暗く電気をつけていたので最初はちょっと残念でしたが冬の夕方リビングにホンワカと入ってくるお日様にはとても癒されました。南のベランダでは照り返しが強すぎたので花がどんどん枯れちゃったのですが西ベランダは植物が良く育ちベランダガーデニングがとても楽しかったんです。あの社宅では冬の夕方のリビングが好きでした。

引越しを十何回もしているといつもどこにお日様が当っているか・・ということで好きな時間帯や季節や部屋がその都度変わっていったような気がします。

今の社宅は朝のキッチンかな。。。。南向きのリビングは今は暑くてカーテンを閉めちゃってますし外の景色もあんまり好きじゃないのでそういう意味ではキッチンくらいかもしれません。景色はよくないけど日の入り具合で点数アップ・・・というところかと思います。

新しく作る家はどういう日の当り方になるかまだ未知数なところもあります。楽しみでもあり、ドキドキでもあります。


夏休みだー!!!

夏休み前の仕事が終了しました!!

こんなに夏休みが待ち遠しかったのは学生時代以来かも。。。。今年は特に夏休みはこれから建てる家のことを思い切り考えたり家の関係の本を読んだりしたいと思っていたので、よけいに夏休みが楽しみだったのかもしれません。

とはいえ、今日もたくさんの生徒さんとしばしのお別れ。。。。ちょっぴり寂しいものです.

Have a wonderful summer vacation!!!!!

とHUGをしてみんなと別れました。(中学生の男の子はもうしてくれませんが・・・・・。やったら問題??ちょっと寂しいですが。。。。)

ここ一週間くらい成績をつけたり夏休みの課題の準備をしたり・・とあまりゆっくり寝ていない+あんまりほとんど家事もまともにやっていなかったので

見回せば家の中がすごい状態!!!これを一日もはやく何とかしなくちゃいけないのですが、

明日はとにかく娘とスーパー銭湯に行って疲れを流してきます!!

途中一週間出張はありますが半分旅行・・ってこともありますし、あとは8月の最終週までしばらくの夏休みです!!!!





納車しました

NOTE.jpg


ようやく車が納車されました。車選びには二転三転ありましたが実際に車が来てみると

色はこれにして大正解!!!

家族のみんなもとても良い色、と言ってくれましたのでホッとしました。

ウチの車は日産のNOTEというコンパクトカー。今回HDDのナビ・フォグランプ・革のハンドル・・・・という限定バージョンが出ていましてお値段的にもお得だったのでそれにしました。

ナビは今までの8年前のナビに比べて飛躍的に進歩をしています。一つ一つボタンを押していたのに今はタッチパネル・・・・画像も立体的になっていて「右折レーンがあります。」なんていうアナウンスもあってとっても使いやすいのです。ちょっと感動的でした。

昨日の試しドライブでは下の道でもいけたのですが、どうしても高速に乗ってみたくてたいした距離ではありませんでしたが試してみました。

ユーザーレビューではみんなが言っていたので期待はしていたのですが本当に加速が良くてアクセルの踏み込みがスムーズ(CVT・・無段階変速・・というのをつかっているそうです。)で気持が良いほど。あんまりスピード狂ではないので60キロくらいでのんびり走りましたが大変快適でした。

私は手がすぐ汗ばんじゃうのですがハンドルが革・・というのもとても気持がよかったです。

息子は後部座席でDVDが見られるのが嬉しかったらしく「いい車だね~」と始終ご機嫌でした。スーパーの駐車場でも「オレ、DVD見てるから行ってきて~」と一人で車の中でお留守番。もちろん、冷房効いてますし、熱中症の心配はありませんが。。。

昨日はブログにも書いたとおり家の予定地に行ってきました。家のイメージはなかなか出来ませんでしたが、車はこの辺・・・というところに車を停めて

家が出来たらこの辺にこの車が停まるんだわ~!!!!!


と一人で盛り上がっていたのでした。家にも合うんじゃないかなーと楽しみです。


車が納車されたのでドライブがてら息子を乗せて家の建設予定地を見に行ってきました。

現在月極駐車場になっている「この土地に・・・」とイメージしてみようとしましたが何度行ってもどうしても浮かばないんですよね。写真を撮ってマイホームデザイナーに取り込んで・・・と出来ればいいのでしょうが最近ちょっと停滞気味・・・

でも何度もこの場所に立つことによって来年にはここに家が建つんだなあ・・と何と言うか身が引き締まるようなそんな気持になります。
図面ばかりでなくそこの景色をみて空気を吸って・・・そんなことも大切なのかも・・と思いました。

面白かったのは息子が今日初めて予定地に行ったのですが初めて見た一言が

「うわー!!!!せまっ!!!!!!!!!!!!!!!!!」

すぐに私は言いました。「そりゃあね・・・・・。社宅に住んでいたら広いしキャッチボールは出来るし、でもね、一軒家ってものはそういうものなのよ。それにだいたいおうちが出来てみると何もなかったときより広く感じるんだってさ。」

「ふうーん・・・」と息子はそれでもちょっぴり不満げ。


確かにいつも更地をみると狭く感じても意外に大きな家が建つことって多いですよね。うちは輸入住宅としては小さな方かな・・と思いますがそれでもちゃんとこの土地に収まって庭も少しは取れるはずなんだから
楽しみにしたいと思います。

そのときに息子は何ていうかしら。。。。。。。。

「やっぱせまっ!!」・・て?
向こうに住んでいたときにはこの「持ち寄りパーティー」なるものがとても多かったです。あちらの人はとても気軽に人を招くんですよね。

招くのもそうでうが、最初は招かれるのも大騒ぎでした。私の今までの感覚だと何か持ち寄るなんて、いったい何を持っていったらいいのだろう・・・・とドキドキして前日あたりにお誘いを受けた最初の頃は夜遅くまで料理本を手に悩んだものでした。

アメリカ人は煮物なんて食べるのかな・・・とかお菓子だったら和菓子がいいのかなあ・・・とか。

・・・で、もちろん日本の食べ物を喜んで食べてくれる人もいます。集まりにもよりますね。親日派の人が多い集まりなんかだとキンピラ、なんて持って行くと「これ、日本食レストランでは食べたことないけど、美味しいわ!」なんて言っていただけるのですが、結構ビミョーな顔をされちゃう場合も多くて、

結局多かったのは鳥のから揚げとかアップルパイとか・・・かな。その辺はいつでも喜んでいただけました。

もっと絶対間違いのないのはワインを持っていくことでしたが、それはよっぽど時間がないときにしていました。手作りのものを持っていけば、だいたいそこから話題が出来て初めての人ともお友達になれるきっかけになることが多かったからです。


そして大抵の人がやるのがバーベキュー。その家の人はだいたいバーベキューを用意していてその家独特のソースなんかを披露してくれたりして本当に気軽にBBQをします。夏は毎週のように・・ですが冬でも焼くのは外・・・という感じで天気がよければグリルは活用している人が多いです。

そんなたいそうなことじゃない・・といった感じで本当にちゃっちゃっと焼くんですよね。その家のだんなさんが焼く係で奥さんはお客さんとワインなんかを飲んで本当にのんびりしているんです。他の料理は持ち寄ったのをテーブルに乗せちゃうからあんまり奥さんはパーティーの最中は忙しくないんです。

招かれる人だけでなく、お招きする側ものんびり、楽しく・・・・これは私にとって驚きでした。だってゲストの人数も15・6人なんてざらなんですから。

私の実家でのお正月の母達は男達が飲んでいる間ずっとキッチンに立ちっぱなしでしたから・・・・・・。女性がのんびり・・なんて目からウロコでした。

ともかくパーティーを開くなんて普通じゃ出来ないことだと思っていましたがあまりに気軽なので私も今まで持っていたパーティーに対する印象が大分変わりました。

そう、そして招いていただくだけじゃ・・・ということで向こうに行ってしばらくすると今度はこちらがお招きする・・・という方になってきたのです。

これも最初は大騒ぎ!!!でした。その話は次回にしたいと思います。
今日はハリーポッターの初日。ハリポタフリークの娘は「初日に行かなきゃ!!」と昨日から張り切っていましたので今朝は早起きして家を出ました。

ちょうど新しいシネコン(たくさんの映画が一箇所で見られる大規模な映画館)が出来たので初めて行ってみることにしました。

今までは新作を見に行くときは細い階段で待って会場が開くとダダダ・・・・と走って席を取る、下手をすると並んだ席が取れない・・・という感じでした。今日も並ぶかな・・と思って早めに行きましたが、

まず、全ての映画の受付をするカウンターに行って「ハリーポッターを〇枚」と言いますと「何時のにしますか?、字幕、吹き替えどちらにします?」と聞かれてびっくり、ちょっと時間差で何室もハリーポッターをやっているのです。何せ十個以上映画の部屋があるのですからそのうち3・4個を話題の映画に当てているのですね。

一番早く見られる回のいい席が取れましたので、後は時間までゆっくり・・・・売店でプログラムを買ったりコーヒーショップでお茶を飲んだり・・・思い思いの過ごし方が出来るのです。

新しい座席は低反発のウレタンが入った気持の良い席で頭まですっぽり固定されて気持がいいものでした。同じお金を払うのに今までに比べたら500円くらい余計に払ったみたいです。

さて、ハリーポッターですが私としては今回の第5作目はとてもよかったと思います。今までのより人物の心理描写がとても細やかに出来ていて感動的なものでした。もし魔法や冒険のハラハラを求めるならちょっと物足りないかもしれませんが、ハリーの秘密や苦悩、そして友情の素晴らしさ・・・そういったものが前回よりよく分かり、久しぶりにハリーポッターで満足しました。(一作目以降全部見に行っているのですがあまり好きではなかったのです。)

何度か泣きそうになるシーンもありました。全作を見ていないとわけが分からないと思いますが、本当にこんな壮大で繊細なストーリーを考えたローリングさんは偉いな・・と思います。

あと映画は2回、本の方はもうすぐ最終話が出ますが娘は待ちきれないようで毎日のように「早く出ないかな~」と言っています。私は本は読んでいないのですが次作の映画が楽しみです。

中国で勝手にストーリーを考えた最終話が出版されたらしいですね!!いったいどういうストーリーなのか、ちょっと興味があります。

娘もどうなるか自分でストーリーを考えているみたい。私としては、まあ、「ハリーが最後に一番悪いやつと戦って勝つんじゃない?!」と娘に言わせると面白くもなんともない予測を立てては怒られていますが。。。

ブームももう去ってしまった感もあるハリーポッターですが今年の夏はヒットするのでしょうか?

インテリア雑誌

私が気に入って時々買っているのはtraditional homehttp://www.meredith.com/mediakit/traditionalhome/print/という海外のインテリア雑誌です。

夫の出張のときに買ってきてもらったり、一時帰国の知り合いに頼んだり・・・と時々買う程度なのですが、

写真がきれいできれいな家や庭がたくさん写っていて見ていて飽きません。

それから生活雑貨のセールの広告が載っていたり、家のパーツの会社の紹介をしていたり・・と

家作りをすることになって見るところも増えて益々見るのが楽しくなりました。

(前はきれいなインテリアコーディネートの写真を見て、素敵だなあ・・・と思って終わりでしたから・・・。)

アメリカに住んでいたときはスーパーマーケットに行くとレジの近くに売っていて安いのでついついこの手の雑誌を手にとってはカートに放り込んでいました。

帰国のときにみんな処分してしまったのが今は悔やまれて仕方がありません。

せめて好きなコーディネートの写真は切り取って持って帰ってくればよかったです。

日本の雑誌ではインテリアだけじゃないのですが創刊のときから「美生活」http://www.biseikatsu.com/をずっと定期購読しています。写真がきれいでとても気に入っています。

実生活はとてもとても美生活じゃないのですが・・・・・。

いつかはこんな感じで・・・と思っているうちに年をとっちゃうんでしょうね。。。。。。
今日は建築途中の家を見せてもらいました。フレンチドアの実際の施工例を見てみたいと言ったら営業Hさんが探して下さったのです。

段階としてはドア、窓が全て入りダクトも入りあと何日かで天井を張る・・・といったところで職人さんが内側の発泡スチロールのような断熱材をはっていました。

寡黙な感じの職人さん、とても一生懸命にやっていて営業さんとの話のやりとりもとても感じが良かったです。

さてフレンチドアで天草がよくつかうのは

・アメリカ仕様のPELLAと
・スウェーデン仕様のODEN

の2種類ですがこの家は北米仕様でリビングの(多分)南側に大きな格子入りのPELLAのフレンチがついていました。

金の取っ手が両側に付いていて何だかとってもゴージャス!!フレンチドアの存在感はたいしたものです。これがあるだけでお部屋がぐっと素敵になるのは間違いありません。

その部屋の北側は勝手口がありODENのフレンチが一枚入っていました。(このメーカーさんは勝手口としてはいつもODENを使うそうです。)

Hさんがドアを開けてくれました。

まあ、外は足場が組んでありますからそれにぶつからないようにそ・・・っとですが両方が開くと結構な開口の広さです。これなら気持の良い風が入ってきそうだな・・・と思いました。

さて、このPELLAですが閉めるときに営業さんがちょっと苦戦をしていました。何故かと言うとこのPELLAのフレンチ、閉めるときにちょっとしたコツが必要できっと慣れてしまえばどうってことはないのでしょうが取っ手を上向きにカチャッと留める・・というワザが必要なのです。何度かやってHさんは難なく開け閉めできるようになったのですが、いざ私が試させていただきましたら

何回やっても上手に出来ないのです。取っ手の上げ下げの感覚が難しく、やっと出来たらフウ~!!っという感じです。

私が「これって結構大変ですね。」というとHさん、「でもここから出入りはそれほど頻繁じゃあないでしょう?開け放すのも季節がいいときに限られますし・・・」

でも、考えてみると、やはり開け放すのは確かにそうですがきっと毎日庭に出るのはここから・・・となるとここからの出入りは間違いなく頻繁になると思うのです。

そのことを伝えると「それじゃあ、タイタニアさんはフレンチはODENにしたほうが良いかもしれませんね・・・」とおっしゃりました。

本来うちも北米仕様なのでスウェーデン仕様の窓・・というのは雰囲気もちょっと違いますし、格子もありませんので本来ならPELLAなのでしょうが、我が家はある理由があって2階ベランダにODENのフレンチしか入れられなかったので、下(といっても真下ではなく玄関をはさんで反対側ですが)もそれに合わせてODENという選択肢もOKだったのです。

ODENのフレンチの良いところはまずトリプルサッシであること、窓の中にブラインドが内蔵されていること、そしてドアを開けるとストッパーが付いていること(好きな角度で留められます。)ちょっと開けっ放しで外に出たいときにバタンと閉まるのを防いでくれます。

雰囲気は間違いなくPELLAの方が好みですが、自慢じゃないけど非力で不器用な私が毎日開け閉めすることを考えると・・・うーん・・・。

勝手口のODENを試しに開けてみると、これは非力な私でもレバーを上げ下げで簡単に開け閉めできました。防犯上のことは全くこれによって違いは全くないそうです。(そうですよね、開けにくいならともかく、閉めにくいかどうかはあまり泥棒にとって関係ありませんものね。)

悩みましたがやはり庭と行ったり来たりの毎日のことを考え、格子と金の取っ手のPELLAはあきらめることにしました。

(PELLAのフレンチの名誉のために言っておくと、これはドアの調子が悪い・・ということでは決してありません。あくまで私が人並み以上に不器用でこういうのが下手だ・・というだけのことで、普通の人は慣れればこれで毎日簡単に出入りが出来るとお約束します。)


でも枠の色などは他の窓と全く一緒ですし、カーテンをしてしまえばそれほど格子がないことが気になる・・・ということはないそうです。

「これによって雰囲気を壊す・・ってことはないですよ。大丈夫、素敵になりますよ~!!」こう言い切ってくれたHさんを信じてみようと思います。

これで1つ前進。我が家は1階リビング、1階勝手口、2階寝室の3箇所でODENのフレンチ窓を使うことになりました。

どんな感じになるかはちょっとドキドキ・・・でも楽しみです。
今日もう一度INAXに行ってみました。色々カタログを見ながら二つの会社のものを見比べてはため息・・・・。疑問もいっぱいでてきちゃって・・・・・。結局何度も足を運ばないと自分の疑問点は解決しないと思い立って行ってきたのです。所要時間30分!!

ショールームって本当に面白いですよね。行く度に発見があって、飽きません。

今日確かめたかったのは手洗いつきにしたときのタンクの上の手洗いの素材です。

前回はお掃除のことばかり気にして素材まで目が行き届かなかったのですがTOTOの質感をみてやっぱり素材は大切だと思いチェックしました。

お掃除がしやすそうで母のお墨付きをもらったSATISですがこれは全て樹脂素材で出来ていました。タンクもそうです。こちらの便器の方はとても良かったのですが上がどうしても樹脂の触った感じが心もとない感じがしてSATISのタンク付き・・・というのは一気に遠のいてしまいました。

だからといってもともと標準で入れてもらっているアメージュⅤは手洗いは陶器なのですがお掃除がしにくいのであまり乗り気にはなりません。

前回TOTOでよかった1つにタンクを棚で隠してしまうシリーズがありました。今日良く見てみたらINAXにもPitaというシリーズがありました。
内容はほとんど一緒で、トイレはお掃除がしやすい作りになっていてしかも手洗いはタンクの上にあるのもは人工大理石(陶器ではありませんが樹脂よりはまし?!)そして手洗いを手前まで延ばすと樹脂のものも陶器のものもあって選べます。

そういえばこの手洗いを手前まで引っ張るタイプ、優れもので手を洗う水は同じ水道管から引きます、そして洗い終わった水は管をとおってトイレを流す水として使うのです。タンクに戻るのかと思いましたがそうではなくタンクとは別管でトイレに飛び込むのです。これによって排水も出来るのでデザインもすっきり・・・です。

やっぱりこれ!!と言うところまでは行きません。まだまだ悩むことになりそうです。

どこにお金をかけるか

突き詰めるとここにたどり着きます。家作りって本当に限りがありませんね。こっちの方が良いわ・・・と思って良いほうばかり選択しているといつの間にか恐ろしく金額が跳ね上がってしまいます。

前に友人が私に教えてくださった教訓があります。

いくらでも出せるなら自分の納得のいく良いもので決めていけば良いけど、それができないなら

絶対ここにはこだわりたい!!という場所では思い切り気に入った仕様にして、とことん満足する。

そうでない場所は自分の中でそのなかでこだわりを2つ決めて

例えばキッチンなら対面とビルトインオーブンとか・・・

浴室なら色はタイルはピンク、テレビを入れるとか・・・

とにかくそれを満たす中では一番安いものにしていくって自分に言い聞かせること!!こうすると

「いいや、ここも自分のこだわった〇〇だけはちゃんと入ったから・・・・」

と諦めがつき、ものすごく妥協して後悔の固まりになる・・ということがない


ということです。ご予算のある方はこだわりを取り入れる数を増やせば良いわけです。

これって2つも満足するものを入れるなら十分贅沢で金額も跳ね上がる・・・と思いきや、結構2つだけのこだわり以外は切り捨てていくのって結構大変なのです。そしてそう自分に言い聞かせると結構安いものでもいいや・・と思うことができて、金額跳ね上がりを防げます。

それでもこだわりの内容によって恐ろしく跳ね上がるならそのときはもちろん欲望と戦って調整しなければいけないのですが。。。。。


・・・といいながら私がちゃんとできているか・・・・というと、私は全く今のところダメです!!欲しいものが次から次へと・・・で何て欲深い人間なのだろうと改めて思っているところです。(>_<。。。

あくまでお友達が私に教えてくれた「教訓」のご紹介でした。

TOTOのトイレ

今日はちょっとだけ時間ができたのでトイレのみをチェックしにTOTOのショールームに行ってきました。

INAXを見たときにとてもよいとは思ったのですがここで決めちゃっても良いな・・・と思うところまでは行かなかったのです。

TOTOのショールームは思ったより混んでいて見ようと思っても別の人がずっとその便器から離れなかったりして時間が無かったのでちょっとバタバタしてしまいましたが、そんな中担当の人が実に簡潔にTOTOのトイレの特長を説明してくれました。

まずとても良いな・・と思ったのはかの有名な「ふち無しトイレ」というやつです。INAXでもグレードの高い方SATISはとてもお掃除のことに着眼して作っていましたのでよいと思っていましたが、TOTOは裏側がさわってもツルツル!!INAXはざらざらとしているのです。これはさすが陶器のTOTOというかんじです。それにふちがない・・というのは本当に良さそうでした。

これは大体ちょっと上のほうのグレードを選べばこのふち無しの便器になるということでした。
この段階ではやくもTOTOに軍配・・・・というかんじになりそうでした。

TOTOのトイレはタンクの無いタイプとあるタイプ、そしてウォシュレット一体型とそうでないものにわかれています。

タンクの無い一体型はネオレストという人気のタイプ、それからタンクのある一体型Zシリーズ、一体型でないのは便座にアプリコットというウォシュレットを載せるようになっていてタンクありも無しもありました。

二階は手洗い付きのタンクにしようと思っていました。Zシリーズはタンクが陶器でないのであまり気に入らずすぐ却下。ふち無し便座の中でもっとも安くできる手洗い付きタンク付き便座に最も基本的なアプリコットをつけるのが良いかな・・と思いました。

一階は教室、そしてお客様の使うトイレになるのでちょっと感じの良いトイレにしたいと思います。トイレを出たところに洗面所があるのでトイレの中は簡単に手を洗えるタイプにしたいと思っています。

今日見た中で一階のトイレとして良いかな・・と思ったのは

①タンク無しネオレストのシンプルタイプにシンプルな手洗いを別につけるパターン。

②そしてタンクのところに収納をつけて見栄えをよくしたレストパルというシリーズ。手洗いをつけたければタンクを隠した棚の上に陶器のボウルを載せてそこに水を出すのですがそれはタンクにたまった水を手洗いとして使うことができるのです。これも一番シンプルなタイプ。

以上の2つでした。とりあえず値段を出していただくことにして帰ってきました。

あまりこだわらない・・と言いながら見始めるとそうは行きませんね。

欲望との戦いはまだまだ序の口のようです。

トイレはもう少し、時間を取ってゆっくり検討したいと思います。

Langのカレンダー

カレンダーって絶対はずせないもの。毎日の生活に必要ですが、皆さんこだわりはありますか?

私はここ8年くらい毎年買い続けているお気に入りのカレンダーがあります。それはアメリカのLang社のカレンダーです。

どちらかというとカントリー雑貨はあまり得意ではないのですがこれだけはとても気に入っているのです。

木の枠があり、その中のカレンダーを毎年代えるのですが枠のおかげでインテリアにもマッチしてとても雰囲気があり、いつもほめられます。

このLangのカレンダーはたくさん種類があり、日本でも雑貨屋さんなどで手に入りますが結構限られています。サイズはみな一緒なので色々なシリーズを試してみることも可能です。

私が気に入って毎年買っているのは「American Dream」というシリーズ。あまり日本では手に入りませんが何度かネットで買うことができました。
カレンダー
American Dream

大好きなアメリカの住宅、庭、花・・といったテーマで毎回とても美しい絵が現れるので毎年とても楽しみです。全部切り取って飾っておきたいくらいです。

そろそろ新しいカレンダーが発売される時期、今年は向こうの友達に買って送ってもらおうと思っています。
時々予定が立て込んで休む暇が無いほど・・・というときがあります。

明日、明後日とその忙しい週末になりそうです。

土曜日は朝6時から野球の2ヶ月に一回のお当番が入っていて3時ごろまで野球に付きっ切り、帰って来たらすぐに準備をして仕事場に出かけ8時ごろまで英語の発表会のための特訓(劇をやるので普段のレッスンだけじゃちょっと間に合わないので!!)をすることになっています。

そして次の日、日曜日は自分の所属する英語の会で偉い先生をお招きしてたくさんのお客様に聞いていただく講演会があり、私はスタッフなので朝から電車で1時間ほどのところに行かなければなりません。

これも終わるのが6時ごろの予定。また1時間かけて家に戻ります。

とばっちりを一番受けるのは期末テストの真っ只中の長女。ずっと家にいるのに一度もまともに食事を母が用意できないのですから・・・・。おまけに主人は出張中で日曜の夕方に戻ってきます。だからほぼずっと一人で家にいることになります。

主人は主人で日曜日の夕方疲れて帰って来るのに私がいない状態、きっと家は息子の脱ぎ散らかしたユニフォームで散らかっていることでしょう。ごはんもこんな状態じゃ用意して出かけられないのでみんなで近くの松屋に行ってもらうことになると思います。

ごめんねー。本当に妻、母親失格だと思います。

基本的に週末は仕事を入れないということで始めたこの仕事です。仕事をして家族に迷惑をかけるのって本意じゃないのですが時々どうしてもこうなってしまうのです。いつも申し訳ないなーと思いつつ、みんなの優しさに甘えちゃっているのです。

明日雨、降らないかなー!!!!野球が中止になると嬉しいんだけど。

息子が聞いたら怒られそうですが逆さテルテルボウズにでもお願いしたい私です。

携帯の話

月末から一週間海外出張があります。・・といっても何人かの先生仲間とツアーを組んで子ども達に生きた英語を体験してもらう・・というものの引率なのです。

どうしても必要になってくるのが日本の親御さんからの連絡を受けたり、先生同士の連絡に使うための携帯電話です。

今私が使っているのは国内専用のボーダーフォン時代のソフトバンク携帯。機種変更をするにはちょっと早いのですがレンタルをすると結局高くついてしまいますし、思い切って機種変更をすることにしました。

この時期、ボーナス商戦で新しい機種がどんどん出ています。ただ、良いな・・と思っても結局海外ローミングが使えない機種・・・っていうのも意外に多いのです。特に最近話題のワンセグのものは全て国内専用なのです。

そんな中で私が気に入ったのは814shという機種です。まだ発売にはなっていなくて7日に発売だそうです。でももうソフトバンクショップにあったのでみることができました。

もともとシャープのものを使っていたのでボタン等も動かしやすかったこと、

そして色や質感がとてもよかったこと、

今までの同レベルのものと比べて画質が格段に良いこと

さいごに同じ内容の前機種810sh・811shに比べて明らかに薄い、ということ

・・・などなどの点が気に入ったので今日早速予約を入れてきました。

新しい機種にすると今までのボーダフォン時代のパック料金が使えなくなります。今月はちょうど通話料無料の月だったのですぐに新機種にして新しいパックにするとその無料分が勿体無いので今月末、出張のちょっと前に代えることにしました。

窓口のお兄さんが優しい人で、「いいですよ~。月末までとっておきますから品切れの心配は要らないですよ。」と言ってくれました。意外に人気色・・・って無いことがあるんですよねー。ちなみに私はパールゴールドというちょっとセレブっぽい感じのにしました。

2年間は変えられないからこの機種使いやすいといいなあ・・・・・。
BOUNTYキッチンペーパー



これ、アメリカにいる間とても私が気に入って使っていたキッチンペーパーです。日本でも結構色々なスーパーでお見かけするので結構知られているかもしれません。

18年前初めてアメリカで生活することになったときスーパーマーケットとの大きさ、品揃えに戸惑い、いったい何を買ってよいのか迷うばかりでした。知り合いもいなかったので、ともかく片っ端から試すしかない・・という感じでした。

そんな中で私がとても楽しくチャレンジしたのがペーパー類。こういったキッチンペーパー、それから紙ナプキンの種類の多さ、そして安さ・・といったら本当に日本では考えられないものでした。

キッチンペーパーは特に全てを買って試してみました。そんな中で秀逸だな・・と思ったのがこのBOUNTYでした。何がすごいって、ともかく丈夫!!

まず豆腐の水切りに使ってギュッと絞るとします。

日本のだったらそこで少し破けてしまうのですが、まだまだ元気なので洗って

今度はミニトマトを洗って置いておきます。

そのあと料理で汚れた私の指先をぬぐうのにしばらく使って・・・・

そして、最後には台ふきんとして2,3回洗いながら使う。

汚くなったら雑巾としてどこかを拭いてぽいっと捨てる。

そんな感じです。一回使って捨てるなんて勿体無い!!本当に丈夫でよく使えました。ですからこれを見つけてからは私のマストアイテムになりました。

柄の可愛いのは日本で1つ安くても350円くらい。アメリカでもこの種類はちょっとお高め、(1つ1ドル15セントくらいでしょうか)でも私が買っていたのは安い真っ白なタイプ。

その辺のスーパーでもしょっちゅうセールしてますがCOSTCO(最近日本でもおなじみの会員制の大型スーパー)http://www.costco.co.jp/に行くと24個入りがいつも12ドル99セント!!(1500円しないくらい?)で買えるのでいつもこれを買っていました。(今思うと36個入りだったような気もします。)

日本では今のところこの白いタイプを見かけないので寂しいのですが、少々高くてもこの使いよさは今でも日本の物でこれを超えるものがないので見かけたら買おうと思っています。COSTCOならあるのかしら・・?

ちなみに柄の可愛いタイプは我が家では子ども達が集まったときの紙ナプキンとして使っています。紙ナプキンよりは安いし、可愛いのでお勧めです。

お風呂

先日ショールームに行った話の続きです。

トイレを見た後お風呂も見に行きました。あまり母も私もそれほどのこだわりも無いのでともかく仕様確認・・・・

今回標準的にこれが・・・ということで入っていたのはINAXのPCXという業務用のシリーズでした。(やっていただくのはこのページのところではありません。)

清潔感もありますし、特に悪くは無いのではないかな・・という印象でした。恥を忍んで浴槽にも入ってみましたがとても心地よかったです。

色がいくつか選択肢があるのですがこれは難しい・・・・

①1面選べる壁のパネルの色(4色)
②浴槽自体の色(5色)
③浴槽の横の部分と洗面器置き場や蛇口が設置されている台の色(白黒2色)
④フロアー部分の色(グレー・ベージュの2色)

一番お安いグレードであってもこれだけの組み合わせをしなければなりません。

美術の成績がずっと3だった美的センスに自信が無い私、ここまで選択の余地があると難しくてドキドキです。

まあ、これは無いでしょ・・というものもありますからそれを省いていって担当の女性にも協力していただいて2つばかりとりあえず選んでみました。


・白黒で統一されたシンプルなパターン
・さし色にピンクを用いた暖かなパターン

とりあえずこの二つをカラーシュミレーションして写真をおくってもらうことにしました

・・・で、昨日それが家に届きました。プリンターで打ち出していただいたものですがピンクがカタログ以上にどぎつい色になっていて「え~!!これじゃいやだな・・」と言う感じでした。でも車で学んだ「色に関してはとにかく実物を見るまでは判断しちゃいけない」という教訓を生かしてすぐに却下せずゆっくり決めていこうと思います。

さて、このグレードはふつうの浴槽なのですがもう1つグレードを上げると人造大理石の浴槽になります。こだわりはあまりないとは言いながらこの人造大理石の浴槽・・・ってどうなんだろう・・・とちょっと思っています。贅沢さ・・というのはあまり気にしないのですが、傷つきやすさ、掃除のしやすさ・・・・・そんなところはどうなんだろうと思っています。ショールームの人は「いいほうがいい」とおっしゃいます。(当たり前?!)

なにせ、ひどく古い社宅のお風呂からですとどんなものを見ても素晴らしく見えちゃってある意味困ります。

厳しい目でしっかり、でもリーズナブルに・・・1つ1つ決めなきゃな・・と思います。

標準にはなかったのですが水栓はチェーンでゴムの栓・・というのから浴槽にプッシュボタンがついた栓にしました。それから排水口は「くるりんポイ」というお掃除がしやすいものにすることにしました。両方で一般価格でも25000円アップくらいでした。

あと1・2回行ってから色々決めることになりそうです。

それにしても輸入住宅を建てられた方々はどういうこだわりをもってお風呂を決められたのか興味あります。(みなさん、もっと予算があってゴージャスにしていらっしゃるのかも・・・・・・)



間取りのことで今2つの選択に揺れています。

2Fにたたみ1畳ぶんのスペースが2つあって1つはトイレ用、1つは押入れとして確保しているのですが

このどちらをトイレにするか・・で連日夫婦会議なのです。

選択は

① 寝室横をトイレとする・・・・窓は無し
  洗面所に半間の収納+子ども部屋に半間の収納

② 洗面所の横にトイレ・・・窓あり
  寝室から1間の押入れ(扉は洋風の折り戸)

どちらもそれなりに良い部分があり、犠牲にする部分も出てきます。

①の選択ですと子ども達それぞれに1間ずつ収納を確保してやれますし、洗面所にリネンクローゼットを確保できます。これは大きいです。ただ、これをやるとトイレに窓が確保できないのでマンションのトイレのようになってしまいます。

②の選択ですとトイレには窓があります。そして私達の寝室には1間丸まる使える大きな押入れがあるので雛人形や布団などをたっぷり収納できます。その反面洗面所にはクローゼットが無いので何か収納の物を置かなければなりません。そして娘には半間のクローゼットしか取れないので、やはり何か収納の家具を買ってやらなければなりません。

どちらがどっちの意見・・と言うこともなく本当に二人して揺れているのです。

まあ、ポイントとしてはトイレに窓があったほうが良いか、なくても良いか・・・の二つに一つ、という感じになってきました。全体の収納の量が減るわけではないので、その収納をどこで使うか・・なのです。

私としても、①の方が収納の勝手は良いかな・・・と思うのですがトイレに窓・・・・なくても別に大丈夫と考えるか、一軒家なのに窓が無いのは・・・と考えるか・・・その辺が決まりません。

もう少し悩んで、結果を出して

天草さんにお伝えしなければなりません。

家作りってこういう選択の繰り返しかな・・・・とは思いますが我ながら優柔不断になっています。

トイレの仕様

7月は期末で仕事も忙しいし月末から出張も入っているので行けるうちに・・と思って今日はショールームに行ってきました。色々なメーカーも見たいのですがまずは天草で標準的に・・・といって入れてくれているものの仕様確認を兼ねてINAXに行ってみました。

前回洗面所を見たときの担当の人が新人さんだったのですが、質問をしてもよくわかっていなくてあまり感じが良くなかったので、受付で「出来れば別の人を・・・」といってお願いしたら、私と同じくらいのベテラン風の女性が来てくれました。

まずはトイレから。

もともと入っているのはアメージュⅤhttp://www.inax.co.jp/products/toiletroom/toilet/amage_v_s/というシリーズ。あまりトイレにはこだわりが無いのでそれでいいかな・・・と思ったとき、付き添いで一緒にいた母から横やりが・・・・。

「トイレはグレードを上げてでもいいものを入れたほうがいいわよ。特にお掃除がしやすいかどうかをちゃんと見極めて入れなきゃ絶対後悔するよ!!一番何回も座るし簡単に替えがきかないんだから。」

なるほどね・・・・。

それでもう1つの今年出た新シリーズSATIShttp://www.inax.co.jp/products/toiletroom/toilet/satis_asteo/と見比べてみることにしました。

色々SATISには売りにしている特長がありましたがわたしたちが注目した大きな違いはSATISのほうが便器のふちが浅くてお掃除が断然しやすいこと。他のメーカーで今CMでやっている内側がほとんど無いタイプではありませんが触ってみると全く違います。その時点でアメージュは母から却下!!ちょっとお・・・!お金を出すのはウチなんですけど・・・・・。

値段を比べてみると3万円ほどUPとのこと(割引無しで)。母いわく、「3万円そこでケチるとダメよ。」

でも確かにあの内側のお掃除ってとても辛いものがあります。格段にお掃除が楽になるのがわかったのでそこは母のアドバイスを取り入れることにしました。(といっても今日は確定ではありませんが。)

色はまだ壁の色も決まっていないので決められませんでした。


このあとお風呂も見たので次回はお風呂の話をしたいと思います。

打ち合わせ

今日は一ヶ月ぶりの天草ハウジングでの打ち合わせでした。

今日は何か新しく決めること・・・と言うよりは前回色々変更した間取りの確認、新たな変更は無いか・・・・という内容でした。

前回キッチンを大きく変更したり、あちこちの窓やドアを変更しましたが今日新しい間取りを見せていただくと、きちんとそれらが全てちゃんと取り入れられたものになっていました。

こういう細かなところがきちんとしているのでとても安心感があります。輸入住宅ではないのですが以前別のメーカーさんで作った方が打ち合わせで前回の話しが全然反映されていないと言うことを嘆いて書いていた人がいたのでそういう意味でいつもきちんとしてくださるのはとても頼もしく思います。この調子で施工が始まってもちゃんと反映して頂きたいと思います。

マイホームデザイナーで途中まで作ったものを持って行き、見てもらいました。もっときちんとしたものを普段見ている方たちに見てもらうのはとても恥ずかしかったのですが、うちの家具が大体どんなサイズで納まりそうか・・なども早くに見てもらうのもいいかな・・・と思ったのです。

営業のHさんもYさん(ここのところいつも同席している新人の方です。)も

「へえー!!面白いですね!!あっ!!そこそんな感じになるんだ~いいですねー!!」

なんて面白がって下さるので(優しいんですね!)私もついつい

「それからここも見てください!!ほらー!!」

と調子に乗っちゃいました。

でもこれがあるとこの先コーディネーターさんと色々打ち合わせをするときもやりやすい・・・

ということが良く分かりましたので

頑張って先を進めて毎回打ち合わせに持っていこうと思います。

次回はいよいよ間取りを最終的に決定してもう少し詰めた話に入ります。

今日コーディネーターさんを紹介されました。とても感じの良い方だったので安心しました。

今回家で検討することになったのは

①寝室のクローゼット部分に洋服掛けのハンガーポールを設置するかど うか

②二階のトイレの場所を移動するかどうか

③オーニングをリビング外に設置するかどうか

こんなところです。あとそろそろトイレと浴室もショールームを見てこなければ・・・・という感じです。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。