プロフィール

タイタニアレイン

Author:タイタニアレイン
こんにちは。天草ハウジングで輸入住宅を建築中です。建築日記と同時に昔住んだアメリカでの暮らしの思い出、日々のたわいない出来事もつらつら書いていきたいと思います。


FC2カウンター


よかったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仮契約

今日、天草ハウジングさんと仮契約を済ませました。

なぜ、本契約でなく仮・・なのかというのは、土地に関することである1つのことがクリアになってからでないと契約に入れない事情があるという理由なので、それが片付いたら、そのまま本契約になる・・・という本格的な仮契約でした。

普段、あまり契約書・・・などというものをじっくり読む・・ということはしない家なので、主人も私もとても緊張しました。さすがに大きな買い物ですから営業さんが読み上げてくださるものを一生懸命聞きました。

一般のブログなどにはおおむねよく「契約にはこういう点を気をつける!」などということがかかれていますが、天草さんの契約書はきちんとしていてあまり問題はなかったように感じました。前もって文章を見せていただいていたのも良かったと思います。

それでも私はあまりに細かい契約書に途中頭がぼーっとしてしまいそうになりましたが主人は時々「それではこういった場合はどうなのですか?」などと質問をいれたりして始終冷静でちょっと見直しました。

契約を取り交わす・・なんていう儀式(?)はとてもぴりぴり緊張感があって厳粛なものなんだろうなあ・・・と漠然と考えていましたが、営業Hさんの雰囲気もあるのでしょうが、始終和やかでなんだかこれからの家作りもとても楽しく始まれそうな、そんな契約書の取り交わしになりました。それでも主人が実印を押す瞬間はちょっと緊張しましたけど。。。

終わったのは4時間後!!!さすがにぐったりでした。

いよいよ私達の家作りが本格的に始まります。Hさん、よろしくお願いします。
スポンサーサイト

完成保障

今回契約するに当たって、完成保障・・・をつけるかどうか迷いました。これは施工会社に何かあって(倒産とか・・・)施工を続けられなくなったときのその後の保障・・ということです。

家を作るということはどうしてもこういうことに対する不安・・・ってあると思います。皆さんはどのようにされたのかな・・・と色々調べたり聞いたりしてみましたが思ったよりあまり利用されていないように思いました。

色々主人とも話し合い、どうしたものかと悩みましたが、結局今回は完成保障はつけない代わりに、完成までの支払いを極力抑えて、最後、完成後の支払いを大きくする・・・という選択にしました。これによってもしも・・のことが起こった場合の損失を少しでも小さくすることにしたのです。これで良いですよ・・と言っていただいたので、とにかくあとは会社に頑張っていただかなくては・・・!!

あとは地盤調査には保障を別途につけたほうが良いかも・・と思っています。というのは近くに水のある場所があるので地盤に関しては念には念を入れようと思うからです。

また施工途中で第三者機関を入れることに関しても検討中です。会社側は「是非、入れて頂きたいです。そのほうがいいです。」といって施工に関する自信の程をみせてくれたので安心しました。

今日は2階について書きます。

家の真ん中に階段がありますが、上りきると目の前に家の西側にある主寝室の入り口があります。寝室には3畳分のウォークインクローゼットが北側にあり、ここにタンスを2つ入れてしまおうと思っています。南側にはベランダがあり、洗濯物は全てここに干す予定です。

玄関の上、家の真ん中の南側はフレックスルームになっています。ここは主人の書斎スペースとなっていて造りつけの書棚をつけることになっています。

階段の北側は洗面所とお風呂、トイレがあります。お風呂が2階・・というのは私達の今回のこだわりの1つでした。教室をやる・・ということはいつも他人が出入りする家になる・・・ということです。洗面所に学校から帰ってきた子どもの脱ぎ捨てたものがぽいっと置いてあったりするとあまり見た目もよくありませんので、お客さんや生徒さんが使う洗面所やトイレには日常の雑多なものが見えないようにしたい・・・という考えからでした。

それで洗濯も2階、干すのも2階・・ということになったわけです。
でもお洗濯物は1階にも進出しちゃいそうな気がしますが・・・。

家の東側に子ども部屋を2つつくりました。最初2つの入り口が1つは階段の南側、1つが北側になっていましたが2人が部屋を行き来するのに階段をぐるーっと回る・・・というのは変だし、兄弟が行き来がなくなっちゃったら寂しいので両方の入り口を北側にもってきました。

うちのモットーのひとつに「何があってもきょうだいは仲良く!」というものがあるからお部屋も仲良く・・・というわけです。

今のところはこの間取りで良いのではないか、と思っています。

もしかしたら変わっちゃうかもしれませんが、これだけの間取りが出来たことは営業さんのHさんに感謝!!です。
だいたい間取りが固まったので記してみようと思います。

今日は1階から・・。

形は南玄関の真ん中入り入って目の前が階段です。憧れの総化粧手すりは予算の関係上断念。5段分くらい手すりがついてあとは壁です。

玄関に最初シューズインクローゼットにしようと思いましたが、真ん中にドアのある対象形にした方が綺麗なので左に1間のクローゼット(コート掛けがあるもの)右が靴箱。(ニッチがない分、花などを飾れるように普通の形にしました。)

入って右側リビングドアを開けるとリビング・ダイニング。縦長です。南側にフレンチドアがつき、デッキをつける予定です。ダイニング一番奥を左に入ると階段のちょうど北側が独立キッチン。階段の左側の空間からも出入りできます。

玄関に戻り左手が教室エリアになります。ドアを開けると半間のたたきがあり左にトイレと右に洗面スペースがあります。さらに引き戸を開けると和室があります。ここがお教室です。北側に2畳の仕事用の物入れを作りました。南側は障子で仕切られた3畳の板の縁側、そして続いてタタキがあり、生徒の出入りはここからになります。そして南側に出入りのスライドドアがあり、玄関とは別アプローチとなります。

トイレの場所と出入りの場所はいろいろ試行錯誤しましたが、このかたちに収まりそうです。

明日は2階について書きます。
天草ハウジングに決めて2週間・・・・その間も何度も間取りを見直し、大分変更した点もあります。

一度作ったとっても分厚い見積書を短時間で作り直してくれて、しかももうちょっと割引を頑張ってくれました。(それでも広さがちょっと大きくなっちゃったので値段は少しアップしちゃったのですが・・・。)

電話でこうしたい・・といったニュアンスは全てきちんと伝わっていましたし、本当に気持ちよく対応してくれます。今のところはとても満足した話し合いが出来ています。

さて、いよいよ今週末、仮契約に入る予定です。

大きな間取りに関してはほぼこれで決定です。本当に時間がかかりましたが、私のこだわりをほぼ全て取り入れることが出来たと満足しています。あとは設備と内装です。これも大体の大枠はきまりつつあります。あとは細かなところで変更はたくさんありますがお値段がどんどんあがってしまう・・・というかんじではないので安心しています。

お金の問題は主人が一生懸命調べてくれています。こちらに関しては私は主人にお任せ状態です。銀行やフラット35など色々検討しているようです。

着工は来年の頭くらいになりそうですのでまだまだ時間があります。ゆっくりショールームなどをみて色々研究していきたいと思います。

まずは仮契約をしてちょっと一安心・・・と行きたいところです。
200704201834062
20070420183406
も少しマシなスープカップとマグネットの写真を載せます。
20070420180251

これ、愛するル・クルーゼのおなべの大中小です。(大きさが解るようにはがきを並べてみました)

この写真、写メールで撮ったのですがなんか、画像が悪いですね。見にくくてすみません・・・・・・。


大きいのが18㌢のココット・ロンド。ご飯を炊くときに便利です。中くらいのは一人分のスープを入れるのに便利な器です。これ、陶器のは日本にもあるのですが鋳物でオーブンや直火もOKなのがどうしても欲しくて昨年アメリカに行ったときに4こ買ったものです。そして小さいのは今あちこちで話題になっているマグネットです。ヤフオクで全種類ゲットしちゃいました(^O^)/オレンジのココットロンドがないので赤を置いてみました。なんかこういう色って元気が出ますね。



いまは巷ではオール電化流行ですね。

美しい鈴木京香さんがモダンなオール電化のおうちに・・・というあのCMはインパクトありますよね。それにあのエコキュート!!!

なんだかエコキュートが良く分からない私も何だか家を作るなら、やっぱり今はオール電化でエコキュートでしょう!!

などと、踊らされておりました。

ところが、営業さんも主人も、ガス併用じゃだめなの?という感じだったのです。これは天草さんだけじゃなくてどのメーカーさんにもいわれたのです。

むむむ・・・京香VS妻夫木?????

それは何故か?

私達の家を建てる場所は都市ガスがとてもよく普及していて、何かあってもすぐ復旧できること、そしてエコキュートはものすごく場所をとるしまだお値段も結構高いからその分、別の方へお金がかけられる、ということ、

ということだったのです。

「でもなんか、家の中でガス漏れ・・とか起きたらいやだなあ・・って思うんですが・・・・。」という私に

「あー、お料理のところはIHでいいんですよ。もちろんガスも使えますが、今はIHの方が人気がありますね。」

そう、おばかなわたしはガス併用にしたら料理はガス台になるんだと思っていたのです。

ようするに、ガスにする・・というのは給湯器がガスになる・・ということだったのです。ですから家の中にガスが充満する・・という心配はあまり無いそうです。もちろん、暖房は空調が入りますからガス暖房は無しですし、衣類乾燥機もうちのは電気だし・・・・。だからガスの口もお部屋にはありません。

何だか安心しちゃいました。

「なーんだ、じゃあガスでもいいです。」

ということでわりとすんなり我が家はガス併用になりました。

オール電化・・って言うのも経験してみたかったけど、どちらが良いかは結局分かりませんよね。もしかしたら、やはり今はエコキュートにした方が光熱費は抑えられるのかなあ・・と思うこともあります。でも全てのメーカーの営業さんがガスを薦めた・・というのだからそれを信じて併用で作ることになると思います。
外壁に続いて今日は家の中の壁について。。。。。

ずっとドライウォールが良いと思っていました。アメリカで住んでいた家もドライウォールでした。

あちらの家は引っ越すと大家さんがパッパと上から塗って綺麗になっちゃいますし、あの質感がたまらなく輸入住宅なんですよねー。

調湿の役目も果たしますし、立川のモデルハウスに行ってもやっぱり良いなあ・・・と思います。

でも今のところ我が家は壁紙で行く予定です。これはもう単純に予算が足りないからです。

本当ならお手洗いだけはステキな壁紙を貼って、あとはドライウォールと腰壁!!!!   



といきたいのですがまあ、無理そうなのでここはお値段抑え目でいこうと思っています。

でも、まだ最終契約には間がありますので・・・・・・・・

もし、宝くじ(グリーンジャンボとかロト6とか・・)でも当たったら
きっと行っちゃうでしょう!!!

外壁

家のこと、決めることが本当にたくさんありそうで、メーカーを決めて安心・・・とはいきませんね。

今まででもある程度間取りも絞りましたし仕様もある程度はこんな感じで・・というものは出てきています。

愛着のある家ですから、どれをとっても「これは何でも良い・・」というものはあんまり無いです。でも予算が限られていますから「これで良いです。」と言ったものはたくさんありますが。

着工までにはちょっと時間がかかりそうなので(土地の都合で・・)ゆっくり自分の様々なこだわりや決断のいきさつなどを綴っていきたいと思います。


今日はまず外壁について書きます。

このブログを始めたときから「煉瓦」と書いてきて、その後もTの煉瓦のシリーズで企画型のもので見積もってもらったり・・・と一貫して煉瓦のことばかり書いてきたのですが。。。。。。。

実は我が家の外壁・・・・・・・・

いつの間にか(じゃないけど)ラップサイディングになりつつあります。

そのいきさつですが・・

もともとアメリカでも住んでいたのは煉瓦の家でしたし、主人も以前サイディングの家を見たときは「うーん・・・これはないでしょ。」といっていましたので私も全く煉瓦以外は考えていなかったのです。

それが気持が変わったのは天草が良いかも・・・・と思い始めたある日、実例のおうちでサイディングのものを見せていただいたときです。それは真っ白でちょっと質感のあるとても感じの良いサイディングでした。私の中で「なんて可愛いのだろう・・・」と衝撃にも似たような感じを受けたのです。今まで何十もサイディングの家を見てきたのにそんなのは初めてでした。

でもそのときは

(主人が「これはないでしょ・・・」といったサイディングだしなあ・・・・。)

と思っていました。

我が家の外壁のこだわりの1つに「手入れが楽なこと」があります。天草さんの一番のお勧めは煉瓦を積み上げて作った家でした。もちろん、メンテフリーですし、大好きな煉瓦ですから、主人も私もこれが一番良いと思っていました。

ただ、どうしても、どうがんばっても予算オーバーになってしまいます。ですから天草でもTでも煉瓦タイル・・・というところで足並みをそろえて見積もってもらっていました。


天草の営業さんはかなり早い段階から「サイディングも良いですよ~」とおっしゃっていました。ただ、その頃は「でもうちはそれはありえないかなあ・・・」と思っていました。

真っ白なサイディングのステキな家を見た日、展示場に帰る道すがら、営業さんが

「あのサイディングの家、いいでしょう。あれ、普通のサイディングよりはちょっとお高いけれど煉瓦タイルよりはずっとお安く出来ますし、メンテ無しで20年だいじょうぶなんですよ。ガルバニウム鋼鈑を使っていて煉瓦タイルよりずっと楽ですよ。それにあの質感が感じがいいと思いません?」

とおっしゃりました。

可愛い上にメンテが楽で煉瓦タイルよりずっと安い!!この言葉に私は今までの煉瓦へのこだわりがスーッと消えていくような気がしました。

で。。。。。。。。。

なんと家に帰って主人が開口一番

「サイディング、あれ、いいじゃない。」

えーっ!!!!そうなの???

私達の中で一気に天草とサイディングの二つがクローズアップされた瞬間でした。

もちろん、その段階でまだTの煉瓦タイル仕様も候補でしたし、その後も天草の煉瓦タイルで調整していただいていましたが、

お願いします。とお答えする直前にやはりサイディングでお値段を出して頂き、値段にも納得して二人で決めました。


ですから今は煉瓦タイルに未練はありません。。。(煉瓦積みにはちょっと残ってますが・・・・。)

今はサイディング・・何色にしよかな・・・と楽しみです。あのおうちのように白いサイディングがいいかな・・・・と私一人でおもっているのですが、主人は何て言うかしら。




娘と息子の発表会がありました。先生はヤマハの自宅教室の先生なのですがピアノもエレクトーンも教えてくださる方で、うちの子達はエレクトーンを低学年の頃から教えていただいています。

何故エレクトーンか・・というと最初私がピアノをやっていたのでピアノをやらせようかと思ったのですが、結構私がきっちりやってしまったので子どもの練習についつい口を出してしまい、嫌いにさせちゃうことが怖かったので、ピアノ以外でいつかピアノと合わせられるもの・・・と思っていたところ、新宿のパークタワーの一階でクリスマスイベントかなにかでプロの人が弾いているエレクトーンを見て娘が「どうしても、あれやりたい!!」(当時幼稚園年長でした)と言ったのでそれじゃあ・・と思い切って60万円くらいの機種を買っちゃったのが始まりでした。

あとは娘がいつもディズニーやかJ-POPの曲をいつも楽しそうにやっているのを見て息子も「俺もどうしてもやりたい!!」といって始めたのが続いている・・というわけです。

不思議なもので私には音のインプットも足で上手に弾く事もできないのでいつも勝手に子ども達はのびのびと楽しそうにやっていて、一度もやめたいといったこともありませんし、受験中も休まず通いました。どうも、彼女にとって息抜きだったようです。


で、話はやっとタイトルに戻りますが週末ふたりの発表会がありました。ピアノでクラシックを弾く人もいればエレクトーンでジャズを弾く
人もいてとても楽しかったです。娘は一人でアップテンポのジャズを、そして幼稚園からのお友達3人でピアノ&エレクトーン2台で協奏曲をやり、なかなか立派でした。息子は一人でディズニー、そして私のピアノと合わせて久石譲さんのメドレーをやりました。ちょっと失敗もありましたが舞台の袖で手を(久しぶりに!)つないで舞台にあがり、顔を見合わせてスタート!!これは母親冥利に尽きます。なんともいえない幸せの一瞬でした。

今度は娘も入れて3人でやりたいのですが、娘は友達と「来年は何やろう!!」た早くも盛り上がっていて、どうも叶わないかもしれません。

でもずっとずっと音楽を楽しんでいってくれればそれでいいのかな。。。。

メーカー決定

時間がかかりましたがやっとメーカーが決まりました。

お願いするのは輸入住宅の天草ハウジングです。

ここまでは本当に悩みました。Tさんも本当に気持ちよく良いものを提案してくださり、一時はそちらでお願いしようと思ったこともありました。今でもTにお願いしても素晴らしいお家を作って下さると確信しております。

メーカー選定にあたって色々不信感が芽生えたり、いやな思いをする・・というブログをよく見かけますが、今回は本当にどこもそういうことは無く、気持ちよくやっていただいたのでお断りするのは本当に心苦しかったです。

では天草さんにお願いすることにしたのは、何が決めてだったのか・・・それをお話したいと思います。

住宅の性能のよさ・・・もちろん、それぞれ細かいところで良し悪しはありますがどちらもそれぞれに大変性能が高く、快適な家を作るメーカーさんだと思いました。

住んでいる人の満足度の高さ・・これもどちらも高かったと思います。

間取りの提案

 Tさんはいつも打ち合わせに設計士の方が同席してくれて、すぐに提案をしてくれたのがとてもよかったのですが、もともと企画型からの直し・・という形だったため、どうしても制約が多く、企画をはずすとどうしてもお値段がものすごくアップしてしまう・・というジレンマがありました。そのなかで本当によくやってくださいました。
 
 一方天草さんはフリープランで、その点、自由でした。たくさんの方がこのメーカーさんはあまり提案力・・という点では弱く設計士の顔も見えないし、どんどん新しい物を提案してくれる・・ということがないのでその点が・・とおっしゃっています。確かに私もそういうことはTさんと比べてもそうだなあ・・と思いました。ただ、幸い・・というか、子どものときから間取りを見るのが何より好き・・という少女時代を送りましたので、全くの素人ながら、営業さんに「例えば、こういう間取り・・っていうのはどうでしょう?」とか、「例えばこの部屋をこちらに、こう動かしたら構造的にはどうですか?」などと、具体的にバンバン質問をぶつけていきましたら、営業さんも「なるほど、これ、アリですね!!」とか、「じゃあ、これでいけるか、本社の設計に確認をとってみます。」とか、時々は「私は設計士じゃあありませんが、多分、こんな感じでも行けると思いますよ!!」とどんどん盛り上がり、楽しく話が出来ました。ですから、心配した提案力・・というところでは全く心配はありませんでした。

お値段・・・はっきり言うとTの方がお安かったです。そうとう頑張って、良いお値段を提示してくれました。セコムもデッキテラスもファイヤープレースもつけて、それでもTの方が安かったのでかなり迷いました。ただ、最終的には天草さんも相当がんばってくれたと思います。


あとは24時間空調を上下で2台入れていたこと、つまり機械が2台で温度設定も上下で分けられたこと。フレンチドアがお安く付けられたこと、お風呂場に強制換気がついていたこと・・・。そのあたりが強いていうなれば天草さんに軍配が上がった理由です。

そんなところですが、結局主人もとても天草ハウジングさんの姿勢や営業さんのてきぱきした対応を気に入ったこと、


そして一番はこれからの家作りをここだったら一緒に楽しくやっていけそうな気がする、そこに賭けた、と言うところだと思います。

さあ、どんなことになるか、楽しみでもあり、不安でもありですが出来る限りここに記していきたいと思います。

最後にメーカー選定に関して、このブログでたくさんの方にアドバイスや励ましのお言葉を頂きましたことを感謝します。そして。。。。。。

これからもっとよろしくお願いします。
今日は日々のライフネタを少し・・・・

長女がこの四月から私立の中学校に入りました。初めての制服を身に着けて慣れない革靴をぎこちなく履いて歩く娘を感無量の気持で見つめて・・・・

という日を2日くらい過ごしたら・・・・・・

始まりました。お弁当!!!

ただでさえ今までより1時間も早く家を出るので朝食の準備も大変!!と思っていたのに、その上お弁当が始まると、早起きが苦手な私も5時半には起きなければなりません。しかも今まであまりお弁当の習慣がなかったので要領が悪いの何の!!!!

幼稚園とは違って大きな弁当箱を埋めるのって結構大変ですね。これで良いかな・・と思って詰めたらあと2品くらい入れないと格好が着かない・・なんて思ってあわててウィンナーを茹でたりして・・・・。

こうやって毎日お弁当をつくるお母さんが世の中には一杯いるんですよね!!みなさんエライ。

たった2日作っただけですがあと6年もこれが続く・・と思うとため息が出ちゃいそうです。

はやくこれを楽しめる自分にならなくちゃ!!って思います。都知事選に出ていたときの桜金造さんじゃないけど「頑張れ!オレ!!」ってとこでしょうか。
色々話し合いも進んできています。今週中にメーカーを1つに決めてお返事をすることになりそうです。決まりましたら決定までの事をきちんと書いていきたいと思います。

今日書こうと思ったのは昨日も書いたレッスン室のことです。

ブログ仲間のしゅがーさんがレッスン室は汚れますよーとアドバイスくださって、確かに現在は貸事務所でお教室をやっていて生徒しか入らないのであまり汚れが気にならないし壁も手垢がついていても腹も立たない・・のだったと改めて気づかされました。

玄関から家族と同じように入ってもらうと玄関もザラザラ・・・荷物も玄関にぽいっと放置・・ということが起こりうるのですよね・・。なんとかならないかと主人とも話し合い、現段階で出た解決策は教室用に使う予定の和室に独立したたたきをつくる、と言う案でした。もともと掃きだし窓だったのでたたきの外にコンクリートで階段を作って別アプローチにするのです。このたたきが本当は家族の玄関とつながれば一番良いのですがそこは予算の問題が絡んできます。

メーカーさんの1つにこの案をうかがってみました。

和室の前だけにたたきを作ると1坪アップ、それにアプローチ、二階のベランダを広くする・・等で約100万円のコストアップになります。それが玄関からたたきを玄関までつなげて伸ばすと総二階の家なので結局1階の玄関部分が分不相応なくらい広くなる上に、2階のフレックスもそれに合わせて大きくなり、倍の200万円は見ておかないと・・・と言われました。

一生懸命コストダウウンの方法を考えて何とか予算内で提示してもらう方法を考えていた矢先にこういう話が出てきて(というか、最初から気がついていればよかったのですが・・・)さすがに200万円かあ・・・・という感じです。まあ、100万円ならなんとか・・と思った矢先に主人から
「まあ、100万円、お教室で稼いでくれないと許されないよねー!!」
ときつーい一言。確かにお教室じゃなかったらこんなことをする必要は全く無いのですから何もいえません。

気弱な私は
「え、何?じゃあ200万円稼ぐなら玄関からのアプローチもあり?」とはさすがに言えませんでした。

この方法で行けば汚れはたたきにさっと掃き出せばよいですし、待合室代わりの場所も確保・・・それでも生徒さんが使うお手洗いのこと、そしてたまに来る田舎の両親が泊まる場所をどうするか・・・です。

もっと良い案が出るかもしれませんし、どこかで妥協もしなければならないとは思っているんです。

悩みは尽きませんがこういうこと考えるのって結構楽しいです。どんどん寝不足になってしまいます・・・・。
語学教室を現在別の場所で開いていますが、いずれは自宅で・・・と考えています。限りなく予算とスペースが取れるなら12畳くらいの別玄関の板の間の広い教室を作りたいのはやまやま・・・・・。でも現実は予算もスペースも限られている中、もうひとつ、田舎から親達が出てきたときに泊まってもらえるように和室を作らなければなりません。

これが我が家の最大の難関です。それぞれのメーカーさんがいろんなアイディアを出してくれていますが今のところこれに決まり!!という教室アイディアが出ていないのが悩みです。大分まとまりつつありますが・・・・

スライドの仕切りのついた板の間の縁側部分がついた和室を教室兼用として使う・・・という案です。何故仕切りか・・というと教室を作ると番を待つ子ども達の待つスペースが必要になり板の間を作って閉めることによってその外で待つことも出来て、必要とあればあけることもできる・・・そういうスペースをどうしても取りたかったからです。板の間にすることによって子ども達が荷物を置くエリアを区分けできると思ったのです。それか、やっぱり教室は洋室にしてお泊りの方法を別に考える方が良いのかな・・・と思ったり・・・。

まだまだ煮詰まっていないのが現状。毎日あーでもない、こーでもない・・と一人で悩んでいます。(主人はここに関しては「好きにしたら良いよ!」なので一人悩み・・なのです。)

昨日お邪魔したいとこは家でピアノを教えていて別玄関、防音室の16畳くらいあるレッスン室を持っていました。これぞ、理想的!!まあうちはこれは無理だなあ・・・・。ますます悩んじゃいました。

いとこのおうち

久しぶりに同い年のいとこのお家に遊びに行きました。彼女が2年ほど前にお家を建てて一度遊びに行きたいと思っていたのですがなかなかチャンスが無くて今日やっと行くことができました。

地元の工務店に建ててもらったという話だったのでどんな家なのかドキドキ・・・・。

煉瓦タイルで私好みの入り口・・・。外壁は塗り壁にタイルが施してあり、明るい感じです。中に入るといきなり目の前に中庭がドーンと眼に入ってきて明るい!!真四角で中が大きく中庭としてくりぬかれている形とてもステキです。(輸入Tのモデルハウスにもそっくりなのがありました♪)

木造軸組み構造でどこの窓もとても大きく中庭の窓を全開にすると春の風がとても心地よかったです。「こんなに窓が多くて大きいと冬は寒くないの?」と聞いてみたところ「うん、だからうちは全部床暖房なんだ!」とのことでした。そっか・・・やっぱり窓が大きいと熱が逃げちゃうんでしょうか・・・寒いんだ。
床暖房も惹かれますがやっぱり、私はどちらかというと無垢の床に全館空調の方がいいかな・・・。

いいなあ・・・と思ったのは広々としたベランダ(ルーフバルコニー)に芝生が植えてあったこと・・・これもうちは無理そうだけどとても綺麗で、気持が良さそうでした。下に来る玄関スペースもとても涼しいのだそうです。それと玄関を入ると靴で歩く部分が横にとても広くてちょっとお茶を飲むスペースまであってそれがとてもゆったりしていて良かったです。

さすが小さい頃からセンスが良くてこだわり派の彼女の作った家だけあって随所に勉強になる部分が多いおうちでした。

デジタルピアノ

20070405212053
買っちゃいました!ずっとずっと迷っていたのですが子供たちのエレクトーンとピアノのアンサンブルがどうしてもやりたくて結婚してから遠ざかってたピアノをもう一度弾きたくて買う事にしたのですが、何せうちにはエレクトーンだけでも大変なのにピアノを置くスペースなんてありません。でも88鍵盤のじゃなくては我慢できませんから悩みました。ところが楽器やさんでふと目に止まったヤマハのデジタルピアノ…これが思いの外まあまあ良い音でタッチもピアノにかなり近いなあと思えるもので、もちろん本物には及びませんが…そして重さが13キログラムと、持ち運び可能なものでお値段もソフトケースとスタンドいれても六万円弱!まあ、いつか本物のピアノを買おうかな…っていうことで今回はこれを買いました。

久しぶりのピアノ、楽しいですよ。指は大分動かなくなっていますが好きだったショパンやドビュッシーがまた弾けるようにちょっと頑張って見ようと思います。

懐かしい写真

20070403232123.jpg


私たちが住んでいたTitania Lane の写真です。家はデジカメでその当時撮っていなかったので何とか起こして載せられるようにしたいと思っています。これは通りの名前が入った写真を去年遊びに行ったときに撮ったものです。ただ、家はもう別の方が住んでいらしたので撮れませんでした。残念・・・。よく家族でお散歩した思い出深い通りです。どこの家も芝生を綺麗にしていました。



これは新婚の頃夫婦で住んだアパートです。最初は暗いベッドルームが1つしかない部屋だったのですが、空いたときに我儘を言って日当たりの良い2ベッドルームに移りました。とても綺麗なアパートでした。ランドリーが共用でよく別の部屋の人とそこで立ち話しました。家賃$700くらいだったと思います。

20070404103139.jpg



これは私が3歳の頃住んでいたアパートハウス。今のほうが綺麗なくらいです。多分築60年は下らないでしょう・・。3階それぞれ別の人が住んでいるタイプです。残念ながら私は中の記憶はありません。でも外から見た感じはとても好きです。
20070404103055.jpg


懐かしい写真を見て改めて家への思いが強くなりました。こういう歴史のある写真が取れるような家を作りたいものです。

すっかり時間が空いてしまい、いったいあの家のハウスメーカー選定はどうなったのか・・とヤキモキした方、申し訳ありません。

本当は3月中に決める予定で頑張りましたが、まだ契約までいたっておりません。

メーカーさんもこちらのブログを読んでいらっしゃる感じも受けたので、あまり心の中の移り変わりを書いてしまうのはやめようと思い、今日まで記事を載せるのは控えておりました。

現段階では一応、鉄骨Hはお断りしました。とても頑張ったお値段を提示してくれて、しかもとても丁寧な設計士さんや営業の方からもメールを頂き、会社の、というより人の温かみがとても感じられてお断りするのはとても胸が痛かったです。それでも、何かあったら、いつでも相談に乗ると言ってくださってますます胸が痛みました。

お断りしたのは気にらなかった・・というより、輸入の家がどうしても諦められなかったからです。きっと手はかかると思うのですけれど、それでも好きな家に住みたい・・と思ったのです。そのこだわりが無ければ、多分Hにしたと思います。

これで我が家の方向は輸入住宅・・・ということになりました。

次回はその後をお知らせしたいと思います。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。