プロフィール

タイタニアレイン

Author:タイタニアレイン
こんにちは。天草ハウジングで輸入住宅を建築中です。建築日記と同時に昔住んだアメリカでの暮らしの思い出、日々のたわいない出来事もつらつら書いていきたいと思います。


FC2カウンター


よかったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
家具はほとんど新調しない予定です。(箱で力尽きてしまったのです)

ただTVボードだけは今回家に合うものを入れたいと思いずっと探していました。大塚家具から千趣会のカタログまで何百も見比べて検討しました。

そしてやっと今日購入しました。それがこれです。
TVボード


お店の名まえを出すのは1点物なのですみません、ここでは伏せておきます。

リビングに置くけど隠したいゲーム機、DVD、ビデオカメラ、そしてスピーカーもネット状の扉に変えて扉の中に入れて隠すこともできます。とにかく整理整頓がへたでリビングがごちゃつくことが心配な我が家ではこういう大きな収納がいいかと思い、決断しました。

それにしても重い!!重量130キログラム。もちろん床は補強してもらいました。

横幅2080!大きいので家の中でも移動はできませんしいつか買い換えたいと思っても親戚でもこれをもらってくれる人はまずいないでしょうねー。

ということはこの家に私たちが住む限り、同じ場所でずっと鎮座をすることになるでしょう。

でも探しに探してやっと決めたものですから大切にしたいです。


スポンサーサイト

家具のこと

週末主人と新居で使うために購入予定の家具や電化製品について話し合いお店に少し見に行きました。

家具はそれほどたくさんではないのですが一応主寝室用のベッドとTVボードは買う予定、それからソファをどうするか・・・ということろで悩み中です。今使っているソファがかなりくたびれているのでパーソナルチェア(先日ブログで紹介)を買うのも良いけれど結局ソファもひどい・・ということで結局こっちも買わないとおかしいかも・・・なんていうことになりあーだこうだと話してふらふらしているうちに結局何も決まらず帰ってきました。

その後もインターネットで色々調べました。素敵なソファもたくさん出ているのですがソファやベッドマットは実際に試して座ったり寝たりしてみないとちょっと買うのはね・・・・という主人の意見もあり結局見るだけになってしまいました。

電化製品もTVと洗濯機は買わなければいけません。その上冷蔵庫とパソコンは何だかそろそろ寿命が来そうで戦々恐々・・・・・・・。

本当に家作りのときってお金が無限に必要な気がしますね。価格リストを作ったらひっくり返ってしまいそうになりました(爆)
お気に入りの家具屋さんにふらーっと立ち寄ったらこのリクライニングチェアが型が変るということで現品限りでとても安くなっていました。
引越しまであまり新しい家具は必要最小限に・・・と思っているのですが前から気になっていたこの椅子が最終価格になっていたのでとても迷ってしまいました。ご主人も「色々お世話になっていますからもうちょっとお値段頑張りますよ~」なんてまた嬉しいこと言ってくれて益々迷っています。
もちろん、私の一存で買える物ではありません。すわり心地はとっても良いので我が家のリビングに是非置きたい1品なのですが。。。。。。。。
さて、どうなるかは後日UPします。
リクライニング小

椅子の張替え

たのんでおいたダイニングチェアの張替えが終わり今日うちに届きました。

前の椅子はこれ
20071020192903.jpg


そして、新しいのはこれです。
張り替えた椅子


大分イメージが変りましたが、大変気に入りました。スプリングも入れ替えてくれて、回りに真鍮の鋲を打ってくれたのでとてもクラシックな感じの素敵な椅子になりました。

へやも大分明るい感じになりました。ピンクを嫌がっていた息子も結構気に入ったようです。

あとは引越しまで穴をあけたり汚さないでもらいたいばかりです。

ダイニングチェア

ダイニングチェアとテーブルを修理に出しています。

テーブルは高さを83センチから73センチに低くするため、

そして椅子は張り地を代えてスプリングを修理して足の裏に付いている金具を取り外すのを頼んでいます。

輸入の椅子は絨毯にしっかり止まるように金属の鋲がはまっていることがよくあるんです。これがあると床が引っかき傷だらけになっちゃうので今回はずしてもらうようにしました。(今までは靴下を履かせていたんです~!!)

ダイニングチェアはこのようになっていました。
20071020192903.jpg


きれいに見えますが生地は擦り切れて、裏の布には大きな穴が開きスプリングが丸見え状態でーす。
背もたれの布は同じ生地で作った細いバイヤスのロープがくるっと2本貼り付けてあってボリュームを持たせて豪華になっています。これもちょっと剥がれたところに息子が指を入れてビーッと剥がしてロープが浮いちゃったところがチラホラ・・・。

今回ダイニングはオークの茶の床、窓枠もダークブラウン、テーブルはちょっと赤みのかかったチェストナットという木材(だと思う・・)そこに白い暖炉が来るので
20071028205645.jpg


果たしてどんな張り地が合うのか色々悩みました。

まず布か革か・・・・・?

これは主人の一言で決まりました。

「布は○○(息子の名まえ)が汚すからムリ!」

なるほど!!確かにここで毎日家族が食事をするのですからそうですよね。

ところが革をみたところ気に入った色がない・・ということと他の会社から取り寄せようとすると1匹分買ってください・・・ということ、つまり要らない革まで買うことになり非常に割高です。

そこで合成皮革でも皮とあまり変らないものがあれば・・・ということでサンプルを取り寄せました。

合成皮革も本当に色々あるんですねー。見るからにゴウヒ!!っていうのもあるし、言われないと本革と見分けが付かない・・というのもあります。

色はグリーン・オフホワイト・ピンクの中から探しました。

お店のICさんもとてもよい方で一生懸命椅子とテーブルに合うのを探してくれました。どれも結構よいのがあったのですが天草のICのHさんにもちょっと相談したら

「この家だったらピンクが素敵かもしれませんねー。」

といっていただき、私もそう思っていたので

昨日この生地に決まりました。
20071120104640.jpg


合成皮革ですがさわり心地もやわらかさも皮と変らない感じでもちろん水汚れにも全く問題ありません。

こういう生地ですと今までのようにバイヤスを椅子の回りに貼る・・・というのができないので丸い枠の横に枠に沿って丸い鋲が打ってあるタイプになることになり、それも実はちょっと憧れだったので嬉しいです。

年内には椅子もテーブルも完成して家に届くと思います。楽しみです。

椅子の張り地

ダイニングチェアはアメリカでダイニングテーブルと一緒に買いました。ただ、テーブルはイタリア製なのですが椅子はアメリカ製で(これはちょっと価格を抑えるためにそうしたのです。)もう10年ほど毎日使っています。

当時選んだ張り地はグリーンのゴブラン織りの花柄、何故かと言うとこれで家族の食事などもするので子どもたちがおしょうゆをこぼしても拭けばシミになりにくいもの、ということで選びました。

結構ゴージャスに見えるのでお客様にもよく「ステキねー」とほめられたものでしたが今は大変に狭いダイニングで圧迫感もあり布も10年たって生地もすりきれてきていますしスプリングも大分イカレて来ています。見る影もない・・といったらちょっと可愛そうなのですが・・・。

でも安いといっても愛着もありますし是非新居に入るときには直して気持ちよく使いたいな・・と思っています。

今度は何色にしようかな。

象嵌テーブルに合わせてちょっと光沢のあるストライプあたりも良いし好きなグリーンの革を張るのも良いかもしれません。カーテンとあわせるのもステキなのでICのHさんにもちょっと相談してみたいと思います。

20071020192903.jpg

時々お邪魔させていただいている輸入住宅ブログを見ていると、皆様とてもおうちも素敵ですがそれにもましてインテリアの素敵なことに時々ため息が出てしまいます。

特に輸入住宅を建てられる方は、何となくですが寝室・・とかより台所やダイニングに力を入れていらっしゃる方が多いように感じます。(あとガーデン・・・ですね!)家具も皆さん色々趣向をこらしていらっしゃるのでお写真をみるのがとても楽しみです。今日のテーマ、ダイニングテーブルも皆さん、本当にこだわって探していらっしゃいますよね。1つだけこだわるならテーブル・・・なんて方も聞きます。


うちのダイニングテーブルのことは今までも何度か話題には挙がっているのですがこげ茶のイタリア製の象嵌の丸テーブルです。10年以上前にアメリカでこだわりにこだわってわざわざイタリアに特注(サイズを・・です。)して運んでもらったものです。足は太い丸い膨らみがあって、天板を開くと大きく延長できるテーブルです。

色も象嵌細工もとても気に入っている私の宝物・・といっても過言ではないものです。その当時、清水の舞台から・・・の気持で買ったものでした。


本当ならお写真を公開したいのですが、現在の住まいは間口がとても小さく、そのテーブルすら入らないので現在実家にあります。新居を建てたあかつきには写して見ていただこうと思います。

では、何故このテーブルが悩みなのか・・・という話をします。

当時私たちは「日本に帰るときは、1つ一生使える家具を買って帰ろう!」と決めていました。今だったらダイニングボードのほうがよかったと思うのですがそのときはとにかくテーブルを持ち帰りたくてしょうがなかったので暇さえあれば家具屋さんを見ていました。

あるときとてもおしゃれな10歳くらい年上の日本人の奥さんが私のお気に入りなのよ~と連れて行ってくれたのがイタリア家具の店、そのゴージャスさに私はただただうっとり・・・・

そして、お値段もゴージャス!!!(でも日本より考えられないくらいお安いらしいでした。でも私たちには十分お高いものでした。)で、私の目に留まったのが象嵌の丸テーブル。もう一目ぼれでした。値段はテーブルだけで確か2200ドルくらいだったと思います。

絶対これが欲しい!!と思ったのですが、日本で当時自分たちが住んでいたのは60平米の小さな社宅、ですから日本に帰っても多分、そのあたりの小さな社宅に住むことになると想定していたのです。そうなるとテーブルはどう考えてもその店にある150センチの円形・・・というわけにはいきません。それで悩んだ挙句、これを110センチそして天板を伸ばすと160センチ、という大きさにオーダーすることにしました。値段はそれでも同じ・・というのですから、勿体無い話ですよね。



おかげさまで日本に帰っても小さな社宅でもテーブルは大丈夫でとても素敵な存在感を保ってくれました。

ただ、今回家を建てるにあたってダイニングはあまり大きくないとはいえ14畳くらいあります。置こうと思えば8人くらい座れる大きなテーブルも置けますし、150センチの円形だって置けるかもしれません。

そうなると何だか、テーブルが最大でも6人しか座れない(160センチセンチですから・・)というのがなんか勿体無いような、複雑な気持なのです。でもあのテーブルは一番の大切なものですから10畳くらいの大理石の玄関ホールでもあったらそこに置けますが、そうでない限りダイニングテーブルとして使うことになると思うのです。


本当に、ちょっとだけ言っても良いかしら~。。。。。。。。

やっぱりもうちょっと大きなテーブルにしておけばよかったなあ。。。


みーやさんに14畳なんて広いダイニング!!とコメントを頂くまで全く気がついていなかったのですが、14畳というのはリビングとダイニングを併せた広さです。とてつもなく広い豪邸を想像なさった方、うちは普通の家です。失礼致しました。

Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。