プロフィール

タイタニアレイン

Author:タイタニアレイン
こんにちは。天草ハウジングで輸入住宅を建築中です。建築日記と同時に昔住んだアメリカでの暮らしの思い出、日々のたわいない出来事もつらつら書いていきたいと思います。


FC2カウンター


よかったらクリックお願いします♪

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 住まいブログ 輸入住宅へ にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


月別アーカイブ


最近のトラックバック


ブロとも申請フォーム


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
月曜日から外構工事が始まりました。

我が家の外構計画は次の通りです。

外構書き込み


花壇設置予定の場所は今回は含まれていませんがあとの部分は天草さんにお願いしました。

まずは煉瓦の門柱の煉瓦の積み上げ
CIMG1554.jpg


門扉を取り付けるアイアンの柱をコンクリートで固定する作業、
CIMG1559.jpg


そして門柱の北側のフェンスのブロック積みから始まりました。
CIMG1555.jpg


梅雨時期なので天候によって進み具合が左右されます。予定通り進んでくれると良いのですが・・・。

スポンサーサイト
いつまで冷蔵庫のことでうじうじしていても仕方がありません。気を取り直して家作りのラストスパートです。

(それにしても普段、あまり書き込みが多いブログではないのですが今回はコメントが多くいただけてびっくりしました。訪問者数もいつもより100名以上多かったです。そしてたくさん励ましやご自身の体験談などを書き込んでいただけて嬉しかったです。ありがとうございました。)

我が家は同じ天草さんで外構もお願いしているので引渡しまでに終えていただける・・・ということで同時進行になっています。といってもある程度中が終わらないと着手できませんから今週はまだですが
来週から外構工事も入ることになっています。

但し、植栽などは実家でずっと御世話になっている植木屋さんに色々ご相談しながらあとからゆっくり・・・・と思っていますので今回は

門、フェンス、アプローチ、駐車スペース、デッキ部分

だけを作ってもらいます。

外構業者も聞いてみましたが、もともとレンガを得意とする天草さんなのでレンガをたくさん使う我が家の外構は天草でお願いしても思ったよりは高くなかったのでそれなら一気にやってしまったほうがいいかと思い、お願いしました。

さて、ウッドデッキにするかタイルのテラスにするか・・・など色々迷って結局タカショーという会社の
再生原料を使った素材であるエバーエコウッドをつかうことに決めた・・ということは以前書きました。

これのネックは色がナチュラルブラウンのみだった・・・ということです。インテリアでも教室部分を除きますとあまりナチュラルブラウン・・という色はそれほど使わない我が家ですので結構迷いましたが色々聞いてみますと物も良さそうですし、外壁ともあいそうですし、中と外とは別ですのでこれで決めていました。

ところがある日、ここが新しく白とダークブラウンを発売した・・・・・という記事を目にしまして

私の悩み虫がウジウジ動き出してしましました。

「思ったより室内が明るくないのでデッキを白にすると明るいんじゃないかなあ・・・・」と思い、色々外構の本を見ますと

意外に白いデッキにトレリスを入れていらっしゃる方が多んですねー。

やっぱり室内から見ると明るいんですよ~

女性誌で大人気の雅姫さんやプラスワンリビングなんかでも結構白いデッキ、やっています。(雅姫さんは明るいグレーでしたが・・・)

主人は「汚れるよー!!絶対汚れる。」、ICのHさんも「うーん、白は汚れますよ・・・」とおっしゃいますがどうしても諦められずサンプルを取り寄せました。

すると、ホワイトといっても真っ白ではなく白とベージュとグレーの中間みたいな色・・・・とてもいい色でした。そしてサンプルになんども泥を塗りつけて汚してみましたが天然木とは違って汚れは簡単に落ちます。それでもプランターなんかを置いたらあっという間に汚れるんでしょうね・・・・でもいいもん、自分できれいにするもん!

(もん、なんて言って可愛いと思ってもらえる歳はとっくに過ぎているんですが。。。。)

今回はどうしても・・・という私の意見で白いデッキ、トレリスにしてもらいました。パーゴラは白ではなくブラウンです。これは選べなかったのでしょうがありません。どうしてもいやだったらあとで白に塗っちゃうかも・・・・・。

さてさて、吉と出るか凶と出るかはお楽しみです。




Powered by FC2 Blog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。